キャリア支援の質に自信があります!ぜひ、求職者の声をご確認ください!

SPACE JOBとブログ

食品メーカーでの営業はやりがいがある!転職希望する人が多い理由

営業職ってどこの分野が人気なのかなーって調べてみたら、食品メーカーが結構トップに食い込んでいて驚いた!食品メーカーの営業ってあまりイメージが付かない感じがするんだけど、どうして人気なの?

食品メーカーは確かに営業という職種の中でも人気のある業界だと言えます。どうして食品メーカーが人気なのか、その理由を見て行きましょう。また併せて、食品メーカーの苦労についてもポイントを押さえておくと、今後の参考になりそうですね。

SPACE JOB

 

営業に転職したい、と思う人は非常に多くいます。
職種の幅も広くて選択肢が多いことが営業転職が支持される理由ですが、その中でも「安定感のある会社で働きたい」と思っている人に向いているのが食品メーカーだといえます。

食品メーカーの営業は自社商品を小売店や卸業者に拡販することです。このような仕事内容を聞いても、人気の理由が今一つイメージできないかもしれません。

そこで今回は食品メーカー営業が転職先として人気の理由ややりがいについてお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

食品メーカー営業は人気の転職先

 

食品メーカーの営業が人気の理由

・生活に欠かせないもの=安定した仕事ができそう

・老舗メーカーがほとんどなので働きやすそう

・仕事のイメージが湧きやすい

 

食品メーカー営業は、営業職を希望する人にとって人気の転職先です。
営業としての業務になりますので、食品メーカーの場合は小売店や卸売店等々に自社商品の販促を行なって新規営業をする、あるいは取引業者へルート営業する必要があります。

食品を取り扱いながら取引先と長い付き合いをする点に食品メーカー営業の特徴があります。新規開拓とルート営業、どちらも同じだけ重視されています。

中には、飲食店向けの営業を任されることもあるので、仕事内容は多岐に渡っています。
そのような食品メーカーに転職したい人がなぜ多いのか、お伝えしていきましょう。

 

・生活に欠かせないもの=安定した仕事ができそう

 

食品メーカーがとても人気なのは、「食事」が社会の時流に関係なく常に不可欠なモノであるからです。
そのような経緯から「常時案件が途切れることのない世界」「絶対的に安定した仕事」という印象を強く持っている人が多く、それが人気の一因となっています。
何度も転職をしたい人はいませんし、長く働けたら良いと思う人がほとんどですから、やはりそうした安定性は重要です。

一般的な営業のイメージである「収入の増減が激しい」というイメージも回避できそうです。
実際、食品メーカーは多少の増減があるにせよ乱高下するような現場ではありませんので、営業職にチャレンジするなら食品メーカーの安定性を欲する人が多いのです。

 

・老舗メーカーがほとんどなので働きやすそう

 

食品メーカーのほとんどが、創業何十年など代々続く老舗企業・大手企業が多い傾向にあります。
食品は、急激に売り上げが上がることはあっても急激に下がることはないので、その分企業が危険にさらされるリスクも少ないと言えます。
「顧客第一主義」での的確な企業運営されていれば、「あの会社の食品なら安心」思ってもらいやすい状態です。
老舗・大手であれば安定して仕事ができますし、突然の倒産の不安も軽減されます。

働き手としては歴史が長くて多くの人から信頼されている企業で働けることは自分の誇りにもなります。
食品メーカーはそういった安定企業が多いイメージあるので、転職先として人があるのです。

 

・仕事のイメージが湧きやすい

 

営業職は色々な世界が存在していますので、職種や業界によってはイメージが湧きにくいこともあります。
その中でも食品メーカー営業の場合は「食を扱った商品を拡販していく」というイメージが基本であり、取り扱う商品自体のイメージは明確です。

ただし、それより先にある具体的な業務イメージをつかみにくい為、時には転職をしてすぐに辞めてしまう人もいます。
どのような世界でもそうですが、理解が乏しい状態で新しい世界で活動をすることは危険です。
食品メーカー営業は安定的な現場ですが、もちろん「やりがい」と対局にある「難しさ」「苦労」もあります。

こうした食品メーカー営業のメリット・デメリット部分を十分に把握しておくことは、転職時の最優先事項だと言えるでしょう。

 

 

食品メーカー営業のやりがいや難しさ

 

食品メーカー営業のやりがいや難しさ

・商品が店頭に並ぶので成果がわかりやすい

・イベントが多いので華やか

・クレーム対応や移動が多い

 

「食品」がどれだけ人々の生活に必要不可欠な存在だとしても、全く何もアプローチをしなければ世間に周知されません。
他の営業職で取り扱っている商品サービスに比べると、多くの人がイメージしやすいものを取り扱っているので宣伝のしやすさはありますが、逆に言えば巷にあふれている生活品ですから差別化をする際に困難が生じることもあります。

そうした「苦労」は「やりがい」にも通じるポイントにもなり得ます。以下、食品メーカー営業のやりがいと難しさに関する理解を深めておきましょう。

 

・商品が店頭に並ぶので成果がわかりやすい

 

食品メーカー営業の大きなやりがいとしては、スーパー等の小売店で自社商品が大々的に並べてもらえたり、商品が注目される瞬間だといえます。

営業が取り扱う商品サービスは、目に見えるもの見えないもの、使っているところが見れるみれない、色々ありますが食品はもっとも営業をしている側に成果が見える商品です。

店頭に並べてもらえるので、はっきりと「契約が取れたんだな」と分かりますし、お客様が実際に購入してくれると嬉しくやりがいを感じるものです。

もちろん、収入アップをして成果を分かりたいという人もいますが、実際に自分の目で自社商品の反応を見ることができるのは食品メーカー営業ならではのやりがいといえます。

 

・イベントが多いので華やか

 

食品の場合、大手企業の場合は華々しい販売イベントが開催されることも多いです。
その場合は、営業や広報の担当者が全面的に対応します。

イベントは開催前から準備を進めて、様々なトラブルを乗り越えた先に成功が待っているので、食品メーカーに転職すると華やかさと地道な面を両方体験することができるという特異性があります。そのような働き方は貴重なやりがいへと繋がっていきます。

時には何か失敗をすることがあるかもしれませんが、それらの多くは自分の糧として昇華できるものがほとんどです。

 

・クレーム対応や移動が多い

 

仕事でもある
営業職で一番頭を悩ませるのは「クレーム対応」だと言えます。
食品メーカーの場合は、取引先だけではなくて実際に購入して食べてみた人からもクレームを受けることが多いです。

通常はお客様センターの方にクレームは流れていきますが、状況によっては取引先から「きちんとして欲しい」「改善して欲しい」などの声があがるかもしれません。
こうしたクレームをいかに穏便に対処できるかが、苦労する点でもあり、また腕のみせどころだとも言えます。

また、どのような営業職でも似たようなことが言えますが、食品メーカーの営業も小売店や卸売店をまわるので非常に物理的な移動が多く、体力的に疲弊することが多い環境です。

体力に自信がない人だと、最初のうちは身体的な苦労に悩まされるかもしれません。

 

 

食品メーカー営業は転職先で人気はあるが責任重大な仕事

 

今回のまとめ

「食品メーカー営業は人気の転職先」人気の理由

・生活に欠かせないもの=安定した仕事ができそう

・老舗メーカーがほとんどなので働きやすそう

・仕事のイメージが湧きやすい

「食品メーカー営業のやりがいや難しさ」

・商品が店頭に並ぶので成果がわかりやすい

・イベントが多いので華やか

・クレーム対応や移動が多い

(最後に)

転職できれば安心して長く働ける仕事だと言え、やりがいも多いために自分の成長を感じやすい環境がある

食品メーカーでの営業転職について、ご紹介しました。
人々の口に入れるものなので責任が大きく、また物理的移動が多い為に体力勝負の現場です。

ただし、競争率も高いですが転職できれば安心して長く働ける仕事だと言え、やりがいも多いために自分の成長を感じやすい環境があります。

こうして食品メーカーの営業は、転職先として高い人気を博すことになっているのです。

 

 


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-SPACE JOBとブログ

© 2021 株式会社SPACE JOB(スペースジョブ) Powered by AFFINGER5