キャリア支援の質に自信があります!ぜひ、求職者の声をご確認ください!

SPACE JOBとブログ

営業って転職しやすい?理由と成功のためのポイントについて

 

転職しようと思った時に「営業に挑戦したい」という人が沢山いるよね。転職しやすい世界だっていう話を聞いているんだけど、それって本当なの?
そうですね。確かに数多くある業界の中でも、営業は転職のしやすい分野だと考えられてます。しかしその一方で、一般的には「営業=とても厳しい世界」だという認識もあると思います。それでも転職先として人気を誇っているのには、理由があるのです。

それでは今回は、「営業が転職しやすい理由」「転職を成功させるためのポイント」をご紹介していくことにいたしましょう。

SPACE JOB

 

転職を検討した際に、圧倒的な求人数を誇っている営業職は転職のしやすい業種だと思われています。

確かにたくさん求人があればそれだけ選択肢も広くなるので、転職しやすいという道理になるでしょう。しかし、この営業という特徴的な世界には転職がしやすくなる理由が別にもあるのです。

 

 

営業が転職しやすい理由

ポイント


・営業のニーズは年々増えている
・企業の利益を集める部署なのでたくさんほしい
・学歴や経験、スキルも不要

 

営業は求人の数が多く、企業によっては常に求人が掲載されているということもあります。
このような状況ですと、転職がなかなか決まらない職種なのではないか、つまり転職のしにくい職種なのではないか、という疑問も浮かんで来るでしょう。

しかし実際の所では、このような不景気と言われている世の中でも、営業職への社会的需要が極めて高く、転職がしやすいと言われています。その背景には、以下のような項目があるのです。

 

営業の間口が広がっている

 

以前であれば、営業といえば「不動産系」や「保険系」の多い世界でした。「とにかく外出してアクティブに動く!」という仕事を行う印象が強かったと思います。

実際、フレックス制度を利用している会社が多く、営業の人達が自由に行動できるように配慮している企業が多いのは確かです。
時間的スケジュールを自分で組み立てることができるのでメリットも多い反面、外勤がほとんどであるがゆえに体力的な厳しさ感じてしまう人も多かったでしょう。
そのために「営業=キツい職種」というイメージが定着したのですが、現在では営業の方法もだいぶ変わってきているのです。

もちろん、クライアントに訪問することは基本なので外出の機会は多いのですが、現在はメール・電話・テレビ会議だけで完結できる仕事も増えています。

またSaaS営業やsier営業などのように、商品ではなくてサービス拡販する仕事も増えているので、比較的取り扱いやすくて営業がかけやすい仕事も拡張しているという状況です。

このように営業職の活動形態の間口が広がっているので、それだけ各所に人材が必要となり、「転職のしやすさ」が生まれるのです。

 

会社の利益を上げる人材だから需要が高い

 

営業は以前から「花形部署」と言われる仕事で、会社にとって重要な存在だと考えられています。営業がクライアントを取り込んでくれる、契約をとってきてくれる、これらの効果は全ての利益に直結するものです。

もちろん、仕事は利益だけが全てではありませんが、会社を存続させるためにまず第一に考えなくてはいけないことは利益という視点も間違いありません。私たちが適切に食べ物を取らなければ健やかな人生を送れないのと同様に、会社も適切に資金を得なければ健全な運営を行えないのです。

そのため利益を増やしてくれる人材がたくさんいることは会社の望みでもあります。多くの人がチャレンジできる場が、そこに生まれているということにあります。

会社の利益を増やしてくれる人に対しては、たくさんインセンティブという形で返してくれることも、営業ならではのメリットです。このように会社の基盤を支える人材としての需要が高いので、そこにも「転職のしやすさ」が存在しています。

 

経験や学歴が関係ない

 

また別に、営業に転職しやすい理由の1つとして大きい要素は、「経験や学歴が関係のない仕事」という営業職の特徴でしょう。
社内外問わず、人と関わることが多い仕事なので、とにかくまずは人柄重視となあります。熱意や品格が物を言う世界なのです。

「対話をきちんとできる」「相手に対して丁寧な対応ができる」「伝わるような説明ができる」など基本的な資質は必要になりますが、「大学卒業していないとだめ」「経験が○年以上」などの縛りはほとんど無いと言えるでしょう。

職種によっては、同業種の経験が○年以上ないとダメとか学歴でほとんどが決まるような会社もあります。
ですが、営業は全く関係ないので、そこに「転職のしさすさ」が生じるのです。

 

スタートから必要なスキルがない

 

転職のしやすい理由として最後に上げるのが、未経験者が安心して飛び込める現場だという点になるでしょう。

販売する商品・サービスに関する基礎知識は、入社前ではなく入社後に会得するのが一般的です。多くの企業が営業活動をスタートさせるよりも前に充実した事前研修を行ってくれるので、未経験者の負担は大きく軽減されます。

もちろん即戦力を求めている企業もたくさんありますが、人材育成に重点を置く企業は非常に大きな広がりを示しています。

このように営業職は、この資格がないとできないというものはありませんし、あれば便利な資格は入社した後に取得しても遅くはないものです。
必要スキルがあまりないため、どんな人でもチャレンジできる可能性がある。それが、「転職のしやすさ」に繋がっています。

 

 

ブランクがあっても営業は転職しやすい?

ブランクがあっても転職しやすい?


・ブランクはどのような職種でもマイナスポイントにはなる
・営業は人柄重視なので丁寧な受け答えができればOK
・ブランク期間中のことは嘘をつかない

 

諸事情からしばらく仕事をしていなかった。そのように「ブランク」のある人は沢山います。

「家業の手伝いをしていたから社会人経験がない」という人もいれば、「自営業だった」「専業主婦だった」「介護をしていた」等、その理由は本当に多種多様です。

今まで、自分と向き合ってきたから仕事ができなかった、環境や病気などでブランクが空いてしまった等の場合、いざ転職活動を行うにも困惑をしてしまうはずです。

上述の通り、営業職は非常に転職のしやすい世界であり、ブランクのある人に対しても十分なチャンスがあります。ただし、もちろん「どうしてブランクが生じたか」という点についてはいの一番に質問される事項となりますので、その点を明確に答える準備をしておく必要があります

営業職は転職のしやすい職種ですが、誰でも転職が出来るという訳ではありません。事前準備が大切なのです。

 

 

ブランクが空く前の経験をアピールする

 

「ブランク」が生じているということは、その前に何らかの活動をしていたということでもあります。
どうしても「ブランク」そのものに意識が向きがちですが、大事なことはそれまでにどのような経験をしてきたかということです。

ブランクについての説明や補足は必要ですが、そればかりに終始しても意味がありません。
ブランクのことを話すに当たっては、きちんと自分の経験をアピールできるようにしておきましょう。

自分の経験が短いのではないか、あるいは浅いのではないかと不安にある必要はありません。とにかく、何かしら自分の魅力になる部分を伝えることを意識しましょう。

 

ブランクが空いた理由は素直に話す

 

ブランクが空いていると、不利になると思ってしまって悪く思われないように取り繕う人が多くいます。
確かに、あまり悪いイメージを抱かれたくないから面接の際に自分のことを話さないとか、ブランクの期間中の話をはぐらかすような態度を取る気持ちは理解できます。しかし、それは逆に企業から不信感を抱かれてしまうでしょう。

ブランクが空いてしまっていることは事実として受け止め、なぜブランクが空いてしまったのかということはきちんと話をしてください。
悪いことばかりを話す必要はありませんが、基本的に伝えるべき部分は隠さずに伝えましょう。

 

その理由を話してマイナスな印象になってしまった、その理由がネックになってしまったのであれば、最初から面接官は自分に好印象を抱いていなかったのだと認識するべきです。

どうしても人間というのは思考や感情にバイアス(偏り)が掛かりますから、面接官は相手の印象に自分なりの肉付けをしてしまうものです。同じブランクに関する説明をしたとしても、肯定的に捉えてくれる人もいれば、否定的に捉えてしまう人もいます。こればかりは天運としか言いようがありません。

面接官との相性の良し悪しは、もう自分でコントロールできる事象ではありません。しかし、少なくとも自分のブランクに関する率直な説明については自分がコントロールが出来る範囲なので、その点を明確に伝えられるようにしておきましょう。

 

ブランク期間中の自分をアピールする

 

ブランク期間中、営業転職を希望されていた人の中には、能動的な学びや経験を行っているケースも多くあります。
そうした努力を行っていた場合は、ブランク中に培っていた知識や技能を仕事に活かすアピールをしましょう。

ブランクという部分が自分に自信を持たせることを妨げてしまうかもしれませんが、アピールできるような部分を積極的に見つけ出していきましょう。

 

 

営業に転職するために必要なコツ

ポイント


・在職中はまず転職先を決めてから辞めよう
・自分が希望している営業だけに絞る
・企業に対しての知識を深める

 

営業だけに関わらず、転職を成功させるためにはコツがあります。
転職しやすい業界だとしても、コツを理解していないとなかなか転職ができない・思うような企業に転職ができないことにもなりかねません。

営業は転職しやすいと言われていますが、しっかりとそのコツを理解しておきましょう。

 

転職の時は在職しながらが基本

 

営業に転職しよう!と決めた時、多くの人が転職活動に専念した方がいいのか?と考えます。
しかし、すぐに転職先が決まるとも限りませんし、離職してからの転職活動は単純に自分が仕事をしていないブランク期間を長くしてしまうだけです。

離職中だと収入も安定しないので、気持ちに焦りが生じて「とにかくどこでもいいから転職しよう」という意識になりがちです。

人は余裕がなくなるとどんどん目線が短期的な視点に向きがちになってしまいます。集中するために、他を絶って背水の陣で臨むという方もおられますが、気持ちが追い詰められていくことになりかねません。やはりどのような時でも余裕を持って転職活動を行うことが重要です。

焦って決めた転職先は見極めも甘くなりがちで、後悔する可能性も高い傾向にあります。在職しながらの転職活動が転職の基本的なコツだと考えるべきです。

 

応募する企業は必ず絞る

 

とは言え、仕事をしながらの転職活動は、非常に時間を作ることや面接の調整なども大変です。
乱打必中戦法で転職活動をしても、結果的に自分の時間がどんどん取られていくだけで、応募する各企業に対して力を入れることができません。

よって、在職中に転職先を探すのであれば、しっかりと自分が希望する企業にだけ的を絞るという意識が重要になります。
転職したいという気持ちが先走ってしますと、希望度が低い企業に入社しても転職後に不満を感じやすいので、注意が必要です。

自分が希望する企業に的を絞る際に注目するポイントは、「人」です。

「企業は人なり」――パナソニックを一代で築いた松下幸之助さんがそう語った通り、企業は人で構成されているため、やはりそこに働いている社員やスタッフに好感を持てるか、一緒に働きたいと思えるか、という要素が非常に重要なポイントとなり得ます。

 

応募企業に対しての知識取得は必須

 

転職活動をしている人のほとんどは、面接対策をしようということは理解していても、対策って何をすれば良いの?と疑問に感じる人も多いです。
対策を考える時、面接の時に聞かれることをイメージしてみると分かりやすいはずです。特に「志望動機」「入社後の将来ビジョン」は重要です。

「志望動機」「入社後の将来ビジョン」を知るためには、「応募する企業」そのものをより良く知る必要があります。
事前に企業の特色を把握していなければ、通り一辺倒のことしか言えなくなり、企業側から「当社じゃなくてもいいのでは?」と捉えられてしまいます。

面接をする担当者は、応募者の本質を見抜こうとするので意外に厳しいことをはっきり言ってくることも多いはずです。
その時に、言葉に詰まったり、黙ってしまうようでは面接対策は不十分になります。
事前にしっかりと応募企業に関しての知識を把握しておけば、オリジナルの回答を伝えることができるので、印象をアップさせられます。

中には敢えて難しい・厳しい質問行う「圧迫面接」を行う企業もあります。圧迫面接をしたり、プレッシャーを与えたり、ストレスを与えるような面接は、企業側が求職者の「ストレス耐性」を推し量っている場合が多いと言います。こうした企業のスタイルも、事前によく調べておけば分かるということも多くあります。

このように、とにかく基本として「応募する企業」に関する具体的な知識を広げておく、深めておくことが、とても重要になるのです。

 

 

営業は転職しやすい!ただポイントは抑えておこう

今回のまとめ


「営業が転職しやすい理由」
・営業のニーズは年々増えている
・企業の利益を集める部署なのでたくさんほしい
・学歴や経験、スキルも不要
「ブランクがあっても営業は転職しやすい?」

・ブランクはどのような職種でもマイナスポイントにはなる
・営業は人柄重視なので丁寧な受け答えができればOK
・ブランク期間中のことは嘘をつかない
「営業に転職するために必要なコツ」
・在職中はまず転職先を決めてから辞めよう
・自分が希望している営業だけに絞る
・企業に対しての知識を深める
(最後に)営業は転職しやすいが、コツは理解しておこう。

 

今回は営業職の転職しやすさと、転職の際のポイント等について紹介していきました。
転職を希望する人の中でも人気のある仕事として、営業職は筆頭格の存在だと言えるでしょう。

とは言え、誰でも受け入れる訳ではありませんから、きちんと企業知識や自分の強みを振り返ってから、応募するようにしてください。
基本的に営業は転職しやすい業種ですが、成功させるには準備が必要であることを心得ておきましょう。

もちろん、営業特化型の当社SPACE JOBは、あらゆる角度からあなたの準備を取り計らいます。あなたの心強いサポーターとして、共に転職活動を進めさせて頂きます。

 

 


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-SPACE JOBとブログ

© 2021 株式会社SPACE JOB(スペースジョブ) Powered by AFFINGER5