キャリア支援の質に自信があります!ぜひ、求職者の声をご確認ください!

SPACE JOBとブログ

未経験でも出来る!営業転職をする際に志望動機を書く3つのコツ

 

未経験で営業への転職を決めているけれど、営業って色々な分野があるんだよね?それぞれに対して、どう志望動機書けば良いのか悩んじゃうよ。

未経験だと業界のことをまだ詳しく知らない人も多いので、どう書けばいいのか迷ってしまわれるのも当然かと思います。それでは、営業が未経験でも出来る、志望動機を書く3つのコツをお話ししておきましょう。

SPACE JOB

 

転職先を探している時、「次はどのような仕事に就こう?」と悩む人は多いです。
自分の得意な分野を目指すも良し、経験したことのない職種に就いてみたいと思うのも良しだと言えます。

仕事についてどう思うのか、将来をどう考えていくのかというのは個人差があるので一概には言えませんが、せっかくなら全く未経験の仕事をしたいと思う人が多いです。
営業転職は、未経験でも十分にチャレンジできる仕事なので、興味があるかもしれません。

ただ、そこで悩むのは「志望動機をどう書けばいいのか?」という部分です。

そこで今回は、未経験で営業転職する場合に書く志望動機のコツをご紹介していきましょう。

 

 

営業転職の志望動機を考える時は自分に合った職種なのかを考える

 

ポイント

・顧客1人1人と丁寧な仕事がしたいという場合はルート営業の方が向いている

・どんどんノルマをこなして自分の能力を活かしたい、給与をアップしたいという場合は新規開拓営業の方が向いている

→自分の性格や適性に合った仕事を選べば、それだけ長く働ける仕事を見つけることができる

適性判断の事前準備はとても大切

 

未経験で営業転職をしようと思った際に最初に考えたいことは、「どのような営業職に進もうか?」ということです。
営業職は以下のような部分で分けることができます。

はてな

・新規開拓なのかルート営業なのか
・物を売るのかサービスを売るのか
・個人営業か法人営業か

 

そこから、保険営業・住宅営業・技術営業など様々な種類の営業職に分かれていくため、自分が思う営業職はどのようなものかを具体的にイメージしましょう。
営業資質というのは「ストレス耐性がある」「仕事へのこだわり」「行動力」が求められます。

自分の資質がそのような営業資質と合致しているかどうか、この点については事前に十分な検討をしておくと良いでしょう。
例えば、自分は仕事へのこだわりはあるけど顧客1人1人と丁寧な仕事がしたいという場合はルート営業の方が向いています。

逆に、どんどんノルマをこなして自分の能力を活かしたい、給与をアップしたいという場合は新規開拓営業の方が向いています。
どちらも同じ営業職ですが、全く毛色が違う仕事内容なのでタイプを間違えてしまえば、転職は成功しにくいのです。

自分の性格や適性に合った仕事を選べば、それだけ長く働ける仕事を見つけることができます。
今後のキャリアプランだけではなく人生全体を俯瞰しても良い効果を獲得する為に、そのような適性判断の事前準備はとても大切だと言えます。

 

 

未経験でも営業転職の志望動機が書ける3つのコツとは

 

3つのコツ

・「頑張ります!」を押しすぎないこと

・自分の経験と転職先のどこがリンクするか見つける

・経験はないが社会人としての基礎力はアピールする

 

営業転職を目指す未経験者にとって、志望動機をどう書けば良いのだろう?と悩むものです。
未経験だからこそ「何をアピールすれば良いのか?」「興味持った理由を納得してもらうためには?」など不安点は多いと思います。

そのあたりのコツを理解しておくと、いざ志望動機を書くときにスムーズな思考と出力が可能となりますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

「頑張ります!」を押しすぎないこと

 

未経験だと何もかもが初めてなので、どのように自分をアピールすることが正しいのか悩んでしまいます。
具体的にどんなことで企業に貢献できるのか?自分の強みは何か?と色々考えてはみたもののなかなか結論を出せないままという場合、多くの人が「精一杯頑張ります」「根気強いです」という、いわゆる「どこでも誰でも言えること」を志望動機に書きがちです。
そのような表現が絶対に悪いとは言いませんし、頑張りややる気を表現するには大事なことです。

しかしそのほかにも、「きちんと具体的に」「なぜ御社が良いのか」という点を明確に説明できなければ、根気強く頑張りますという言葉には信憑性が生まれません。
まずは、きちんと「なぜ御社を選んだのか」「御社で自分はどのように活躍できそうか」を考えることから始めましょう。

この点がクリアできると、自ずと「頑張ります!」という言葉に頼らなくても志望動機を書けるようになります。

 

自分の経験と転職先のどこがリンクするか見つける

 

営業職を経験したことがない人でも、接客業のように「前職は営業に近い仕事をしていた」事務職でも「積極性が必要な仕事環境だった」「社内調整が重要な仕事だった」等、全く別の業種だと思っていたとしても何かしらの接点はあります。

自分の経験のどういった点が営業転職に役立てそうなのかをよく検討してみると、志望動機がより書きやすくなります。

自分を振り返るというのは非常に大変な作業ですが、転職をスムーズに進めるためには自己分析はとても大事です。志望動機を思い付くまま書こうとするのではなく、「自分と向き合う作業」から始めるように意識をしましょう。

 

経験はないが社会人としての基礎力はアピールする

 

全く営業職に近いような仕事もしてこなかったという場合は、接点がないなりに、社会人として自分がどのように生きてきたのかを書いてください。

「基本を重要視している」「〇〇をすることでお客様の印象が良くなるよう心掛けた」等、自分なりで良いのでどんな風に前職では仕事と向き合ってきたのかを記載してみることです。
基本的には誇張せずに、ありのままの姿を書く必要がありますが、あまりにも当たり前のことだけを書くことも避けましょう。

どのような仕事でも、ある程度の社会人経験があれば、その経験には具体性や実用性が生まれているはずです。そのような明確な根拠をもとに、自分をアピールしてみることが1つの手だといえます。

営業職に関係ないとあまり意味がないのでは?と思うかもしれませんが、仕事して繋がりがなかったとしても、その人の仕事観を企業側は確実に観察をしています。自分のアピールできるポイントを明確に捉えておきましょう。

 

 

志望動機をしっかり考えれば営業転職は未経験でもチャンスがある!

今回のまとめ

「営業転職の志望動機を考える時は自分に合った職種なのかを考える」

・顧客1人1人と丁寧な仕事がしたいという場合はルート営業の方が向いている

・どんどんノルマをこなして自分の能力を活かしたい、給与をアップしたいという場合は新規開拓営業の方が向いている

→自分の性格や適性に合った仕事を選べば、それだけ長く働ける仕事を見つけることができる

適性判断の事前準備はとても大切

「未経験でも営業転職の志望動機が書ける3つのコツとは」

・「頑張ります!」を押しすぎないこと

・自分の経験と転職先のどこがリンクするか見つける

・経験はないが社会人としての基礎力はアピールする

(最後に)

前職と営業を繋げられるポイントを把握し、アピールできる要素を明確なものにしておこう

 

営業転職は、未経験でもOKという企業が多いので、必要以上にキャリアや技能性を気負いする必要はありませんが、志望動機がしっかりしていないと企業への熱意は伝わらないものです。
自分なりに、前職と営業を繋げられるポイントを把握し、アピールできる要素を明確なものにしておきましょう。

 

 


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-SPACE JOBとブログ

© 2021 株式会社SPACE JOB(スペースジョブ) Powered by AFFINGER5