03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

営業転職お役立ち情報

IT営業の転職時に知っておきたい仕事内容や資格について

「IT営業」と聞だけで、「なんとなく難しそう」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
実際、どのような仕事なのか、その輪郭をうまくイメージ出来ない人が少なくない世界だと思います。

IT業界というのは仕事の幅が広く、単純に「ITサービスや商品を営業する業務」とも言い切れない所があるのです。
そこで、転職活動をする前にきちんと「IT営業とは何か」について知っておきましょう。

また、今回はIT転職における必要資格についても併せてお伝えします。

IT営業はいろんな業務がある


一言でITといっても、実は大きく分けて「4つの営業内容」があります。

自社商品やサービスの売り込み以外にも、開発や提案などの営業も業務内容として組み込まれているので、よく聞く営業職より、一歩踏み込んだ仕事が多いのです。

ソリューション営業

ソリューション営業というのは、電話や対面で顧客と対話を行い、現在顧客が悩んでいる問題や求めているニーズを理解する営業方法です。

顧客が何に困っているのか分かれば、解決方法を提案することができ、顧客が納得のいくサービスや商品を提供することが可能となります。

提案をして営業する方法ですが、企業側が主体的に意見を促していくのではなく、顧客が「これなら問題が解決できそう」と自分で選択するため、お互い満足し納得した購入や契約が可能になるのです。

IT営業の場合は、基本的にこうした提案型の営業方法なので営業として勤める側も無理強いをしないため、気持ちに余裕をもって働くことが出来るというメリットがあります。

開発要員の人材確保

こちらは、IT営業ならではの特殊な業務内容と言えるでしょう。
新事業や新商品開発のための人材を確保する仕事も、IT営業が担う分野です。

人材は今いる人でまかなってください、というわけではなく、「この事業や商品ならこういうプログラマー、エンジニアが必要だ」というニーズを見極めて、外注会社などで開発要員を確保することも大きな仕事の1つとなります。

最近では、SNSを利用して優秀な人材を確保するIT営業が増えています。

顧客アプローチ

顧客アプローチというのは、現在取引がある顧客や企業から新しい人を紹介してもらえるように、電話や訪問などをして得意先を増やしていくという業務となります。

このような努力も、IT営業という分野の一側面です。

この業務の場合は、ITに関する高い技能や能力よりも、一般的な営業者としてのビジネススキルが問われると言えましょう。

つまり、営業の基本形が、ここで発揮を要求されるということです。

特にIT営業と通常営業との違いは、「飛び込み営業」のような突発的なアプローチが少ないという点にあります。
IT営業は普段からクライアントとのコミュニケーションを密にしている場合が多いので、取引先との信頼関係もあらかじめ強い状態です。

こうした関係を軸にして、新規顧客を見つけることが業績アップの大きなきっかけになるので、重要な仕事だといます。

このように、IT営業は業務内容が幅広く、多角的に物事を見ながら業務を進めなければなりません。

そして何より取引先との信頼関係をしっかりと築き、自分の営業成績につなげていくことが必要なので、転職の際はそうした仕事意識を高めておきましょう。

IT営業に転職する時にあると便利な資格

こちらについても触れておきましょう。IT営業に転職する際に、絶対に必要な資格というものはありませんが、一般的に「持っておくと損はない」と言われるものはあります。

専門的スキルは業務を行っているうちに自然に身につくものですが、理論部分の理解も重要なので、やはりそこには一定の資格取得が望ましいと言えましょう。

セールススキル検定

こちらは営業分野で働いていない方には聞きなれない検定資格かもしれません。
セールススキル検定は営業職に就きたい人であれば、何かと触れることの多い、存在感の大きな資格となります。

自分自身の営業力を測定する試験となっており、実際に営業の現場で働いた際に行動力やコミュニケーション能力がどの程度あるものなのかをみる試験になります。

試験では、セールス・コンピテシーと呼ばれる、トップセールスをたたき出す人達に共通している行動特性に基づき性格的特徴やモチベーションに対して測定していきます。

1級〜3級とあり、難易度は比較的易しいと考えられていて、営業職で頑張ろうと思っている人は持っていた方が転職に有利に働く可能性が高いのです。

基本情報技術者

IT業界に勤める人であれば持っていたい資格の1つとして、基本情報技術者があります。

IT知識、プログラミング知識などの基礎的な内容が試験に出題されますが、簡単で誰も受かるというものではありません。
合格率も2割〜3割程度なので、きちんと勉強していないと合格は狭き門だと断言します。

「IT営業は、今まで営業として培った営業スキルがあれば大丈夫なんじゃない?」と思われる方がいるかもしれませんし、実際にそういった側面もあるのですが、やはりそこは特殊な専門世界なのです。

IT業界という特殊な世界の中で商品サービスを販売していくためには、しっかりとした知識が必要です。

そのため、基本情報技術者資格は国家資格でもあります。人生の糧となり、役に立ちます。
基本情報技術者の上には、応用情報技術者という資格もあるので、向上心のある方は働きながら上位資格を目指しても良いでしょう。

IT営業は転職で自分の力を試せる職種

IT営業に転職をする場合、営業経験者でも非常に勉強することがたくさんあります。

しかし、勉強した結果は必ず自分に返ってくるので、自分の力を試し、そして伸ばすことの出来る職種です。
顧客や取引企業との信頼関係によって、成績に直結しますし、信頼してもらえているから成績があがると自分の自信にも繋がります。

幅広い業務をこなせるようになるので、IT営業は視野が広がり、自分を成長させられる転職機会にしやすいのです。

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5