03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

IT営業における向き不向きと未経験でも転職できる理由

今まで営業経験がある人、未経験だけどちょっと知識があるしIT営業転職をしてみたいという人など、転職については様々な考えがあると思います。

特に「IT営業」という分野は専門的な知識も必要になる上に、企業とのやり取りが非常に多いイメージがありますので、「未経験だと難しいんじゃない?」「向いている・向いていないという特徴が顕著に現れるんじゃない?」と、不安に思う方も少なくないはずです。

そこで、今回はIT営業転職が未経験でも飛び込める世界なのか、そして向き・不向きという課題があるのか、その点についてお伝えしてきましょう。

IT営業転職は未経験でも目指せるの?

営業職の多くの求人には、「未経験者歓迎!」という言葉が並んでいます。

しかし、IT営業という分野に限りますと、そこでは単純に商品を販売するだけではなく、多様化しているITサービスへ柔軟な姿勢で対応する能力や専門知識が必要となって来ます。
単に「パソコンに詳しいです」というだけでは、戦力としては認められないのです。

しかし、営業職全般に言える人手不足は、IT営業でも同じことが言えます。
専門知識が必要な分採用の幅が狭く、人手が足りない状況が続いているのです。

よって、未経験者だとしても、求めるスキルや知識によっては歓迎してくれる会社も多いですし、Web広告やコンテンツ制作などであれば、働きながら学べる部分が多いという世界ですので、「IT営業は未経験者でも十分に頑張れる職種」だと言う事が出来るでしょう。

また、IT営業転職を目指す前に入社したい会社の業務内容に関連する資格を取得したり、営業やIT系の資格を取得したりしておくと、未経験でも熱意や知識をアピールすることが可能となります。
実務経験のなさは知識でカバーできる面も多いので、企業から評価を得られる可能性が高いのです。

こうした工夫を重ねることで、未経験でもIT営業転職は夢ではなく、十分に可能性のある選択肢となるのです。

IT営業転職に向いている人

どのような職種でも、向き・不向きという性質が存在するのは当然です。
営業職の場合、人との関わりも多くなりますし、アクティブで積極的な性格を持っていないと、どうしても仕事内容にストレスを覚えてしまうものです。

その営業職の中でも、またIT営業転職には特徴があります。
この分野に向いている人として、以下のような条件を挙げさせて頂きますので、参考にしてみてください。

好奇心が旺盛な人

IT営業の場合、新商品や新事業が数多くあります。
これはある程度の固定化された商品やサービスをルーティーンで宣伝し続ける、一般的な営業職とは異なる点だと言えます。

IT世界は常に進化をしており、自社商品やサービスもそのたびにアップデートされ、改良されていくものとなります。
次々変わっていく業務内容や商品、サービスについて「こんなものもあるんだ」「これってどういうことなんだろう?」という興味が湧かないと、知識も増えていきません。

ですから、ITについて自ら次々に学ぼうとする人、最新の知識を常に吸収したいと思うような好奇心旺盛な人が、IT営業に向いていると言えます。

常に技術は進化し、商品やサービスも良くなっているので、それらに関して興味がないという方は、自分の知識も増えずに仕事の精度も下がりますから、仕事そのものがストレスとなってしまいます。

好奇心旺盛なら、業務に対して前のめりな姿勢として意欲的に研鑽を続けられますので、知識が増え、営業力も上がり、やりがいへ繋がって行くという、自己成長の好循環を獲得できるということになります。

人との会話が苦にならない人

ITと聞くと、パソコンの前に向かいっぱなしという印象が強く、営業でもメールや電話くらいでOKと思う人も中にはいます。
しかし実際は、納期の件や課題問題などの調整を行わなくてはいけないので、非常に多くの人とコミュニケーションをとらなくてはいけません。

顧客や取引先企業だけではなくて、社内のエンジニアやプログラマーとの微調整や「これくらいの納期でお願いしたいけど大丈夫?」といった相談を持ちかけることも多いという世界です。

そこでは意見のぶつかり合いが生じる可能性も高いので、繰り返し会話をして信頼関係を築くことが大切だと言えます。
その為、人と毎日たくさん会話をしたり、関わったりすることが苦にならない人こそが、IT営業転職には向いています。

この点は営業職の基本形と言えますが、むしろIT営業は更にそのスキルを幅広く磨く必要がある現場だと言えます。
ポジティブな姿勢を打ち出すことが出来る人は、顧客からも信頼されやすくなり、あらゆる業務を円滑に進めることができるでしょう。

スケジュール管理がしっかりできる人

IT業界は、納期が非常に重要だという世界です。

一般的な営業職は商品やサービスを提供する際、ある程度は大雑把な計算でも営業と利益の関係が成り立つということもありますが、IT業界の場合、この点はかなりシビアな計算が必要となるのです。
システム構築、サイトの広告作りなど、それぞれの案件は必ず「いついつまでに仕上げて欲しい」という内容で依頼が舞い込みます。

その案件が実現可能なものであるのか、自分たちの人材でまかなうことが出来る案件なのか、あるいは外注が必要となる案件なのか、IT営業者は頭の中で綿密にトータルコーディネートをしなければなりません。

その上で、適切に設定した納期をしっかりと守ることができれば、それが信頼関係を築くことに繋がり、企業の利益やブランディングにも直結していきます。

よって、スケジュール管理を適切に行える人、トータルコーディネート力のある人こそが、IT営業に向いているひとつの要素であると言えます。

IT営業に不向きな人

IT営業に不向きな人、というのも一定数が存在します。
この世界は未経験でも努力をすれば結果を残せる業界なのですが、やはりそこには不向きであると考えられる要素も存在するのです。
もっとも、その「不向き」という要素は、努力によって改善できる点かもしれません。
以下、その要素を追ってみましょう。

1人で作業したい人

「IT」という世界のイメージには、「真面目に自分の仕事を1人でコツコツと行う」というものがあるかもしれません。

それに関連して、IT営業というものが、アクティブに会社や顧客回りをするのではなくて、インターネットやメールなどで対応が完結できると思っている人も少なくありません。

それもひとつの側面ですが、そのパターンはあまり当てはまらないと言って良いでしょう。

IT営業は一般的な営業職と同様に会社回りを重視しますし、社内での調整を図るためにあらゆる部署の人と関わりを持たなくてはいけません。
先ほどの「納期」の項目でも述べましたが、納期に関するコーディネートを行う際には、必ず多角的な人間関係の交渉が必要となります。
そこでは多くの人と会話をしたり、アクティブな行動をすることが多く要求されます。

そのため、1人で集中して作業し続けたいという職人肌のタイプの方は、IT営業転職に適性は無いと思った方が無難だと言えます。

挫折しやすい人

IT営業に限らず、これは営業全般に言えることかもしれませんが、営業活動はパッと行って即座に成果や結果を得られるものでは決してありません。
基本的には長期的な視野によって、計画的に営業を進めていくことで、成果が得られるという世界になっています。

もちろん、幸運が加わって、少しの努力ですぐに成果が出るということもありますが、それは稀有な事例だと言えます。
ここで重要なポイントは、成果ありきで自分の営業を捉えてはいけない、ということです。

顧客から「この人たちと仕事をしたい」と思って頂けるように、堅実に信頼関係を築いていくこと。それを継続することで、自然と成果が伴ってくるのです。

成績はすぐに見えないことがほとんどで、そういう状況にすぐ焦ってしまい、挫折をしてしまうという人は、営業職全般に向いていないかもしれません。
営業は、最初のうちは失敗することがほとんどですし、その先に成功が待っているものなのです。

すぐに挫折してしまうような人だと、気持ちの切り替えがうまくいかずに、ドロップアウトの方向へ進んでしまいます。
落ち込む気持ちをいかに切り替えられるのか、いかに長期的な視野を持てるのか、という点は営業職には必要なスキルだと言えます。

IT営業転職は未経験でもチャレンジできる

以上、IT営業転職と未経験の関係、向き不向きの関係について、ご紹介しました。
未経験でもチャレンジ精神や転職活動前に資格を取得してやる気をアピールすることによって、IT営業転職は夢ではなくなります。

自分なりに仕事への考え方やビジョンを見定めて、次のステップへ進んでいきましょう。

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-,

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5