03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

【女性が営業職に転職する喜びと苦悩とは?転職を成功させるポイント】

悩める人
今度、私は新しい会社に転職します。その職種というのは「営業」なんです。実は、面接時に社長さんに尋ねた所、男女比が8対2、つまり「男性が多い」職場という事らしいのです。そういう風に女性が少ないと、上手くやっていけるのか不安です。今更ですが、やっぱり営業って、「一般的に男性の方が向いている」のでしょうか?

なるほど、確かに業界によっては男性の方が圧倒的に多い場所もありますね。しかし、大丈夫です。御心配されているような「男性の方が向いている」という事実はなく、むしろ最近は企業によって「女性にこそトライして欲しい仕事」とみなされる傾向にあります。そこで今回は、営業職における女性特有のメリットを踏まえまして、女性に営業が向いている背景に触れていきましょう。

SPACE JOB

営業職は男性ではなく女性に向いている職業である

理由

なぜなら…柔らかいコミュニケーションを可能とするから

営業職と聞きますと、「新規顧客の開拓やセールスの電話」という仕事内容をイメージする方も多いと思います。
しかし、一口に営業職と言っても多様な働き方があり、会社を相手にして営業を行う「法人営業」や、個人を相手に営業を行う「個人営業」など、それらは多岐に渡っています。
ですから、一概に「この業種の営業は男性に向いている」「この業種の営業は女性に向いている」とは言えません。
それでも、全ての営業に共通しているのが、「営業とは、人と人とを結びつけるコミュニケーション能力を必要とする行為である」というものになります。
ですから、転職をする際に営業職を検討している方は「自分のコミュニケーション能力をどう生かせるか?」という自己分析をしっかりと行った上で、営業の転職先を選ぶ必要性があるという事になります。
このコミュニケーション能力という視点において、「営業」と「女性」は一般的に近しい関係にあるのです。

・営業職は女性のコミュニケーション能力を活かせる職種

一般論となりますが、女性はどちらかと言うと「相手の立場を推し量り」「自分の意見を感情豊かに表現する」という行為に長けていると考えられています。
もちろん人それぞれですが、容姿や態度についても、男性よりも柔らかな雰囲気を醸し出す事が出来る傾向にあると言えます。
それらを総合した「高次のコミュニケーション能力」は営業職に適性があると言えるのです。

また、女性目線は「細かい気配り」にも対応する事が可能ですので、それが企業側から重宝されるというケースも増えています。
ですから、営業職と聞くと「男性の仕事」という印象を持たれがちである一方、上記のような背景から営業という職種からの需要性が高まっていると言えます。
企業によっては、特定の商材を売り込む場合、その重要な商談を積極的に女性営業者に委ねるという事例も増えており、お客様への提案能力が買われ始めています。
このような時流を考えますと、転職を考えている女性にとって、営業職はひとつの有力な選択肢となり得ると言えるでしょう。

企業が女性を営業職にする事で得られるメリットとは?

先ほどの話とも重なる部分ですが、こちらでは企業側の視点にもう少し寄り添ってみましょう。
あくまで一般論(伝統的な価値観)から言えば、男性は「力強さ・信頼の高さ」、女性は「柔らかさ・親しみやすさ」というイメージがあり、実際に私たちもそうした共有イメージに基づいて社会的なペルソナを形成している部分があります。
「そんな価値観は時代遅れだ」と考える方もおられるかもしれませんが、社会とは共有イメージの集合体ですので、どうしても、ある一定の正解となる社会的なペルソナが必要になるものです。
冒頭でも言いました通り、営業というのは「人と人をコミュニケーションによって結び付ける」という本質を持ちます。
そうして人と人が結ばれる際、場合によっては「柔らかさ・親しみやすさ」という性質が優先的に潤滑剤として求められる事があります。
そのような時、女性特有の優しい語り口や雰囲気は、企業側としては非常にありがたい存在となる訳です。
企業は女性の営業者に、「高圧的な説得を避けて相手側の警戒心を解き、安心感を与える事が出来る」というメリットを得ようとしています。
そうした企業側の意図に合致する方であれば、女性は営業という世界での大きな飛躍を期待できると言えます。

・自分の能力が給料に反映されやすいメリットにも注目

また視点を女性に戻します。
女性が多く向かう職種には、あまり歩合制という考え方が適用されていません。
その点で言いますと、営業の世界はバリバリの歩合制が導入されている場所であり、自分の能力が給料に反映されるというメリットを有しています。
挑戦的な気概に溢れた女性としては、契約を取るなどして成果を上げた分だけ昇給・昇格を望めますので、大きなメリットがあると言えます。

SPACE JOBでは女性キャリアプランのサポートも大変充実をしています。
ご相談者様に寄り添いながら共にキャリアプランに考え、長期的な支援を行っております。
「女性だけど、営業職へも転職できるかな?」といった疑問や興味のある方は、是非とも声をお掛け下さい。

自己分析・書類添削・面接対策から人生相談まで まずは体験してみる☆彡

今回のまとめ

今日のまとめ

現状では比率の少ない女性でも営業転職は大歓迎

その理由は高次のコミュニケーション能力の需要があるから

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5