03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

営業転職お役立ち情報

不動産営業の仕事とは?未経験でも転職は簡単?

ビジネスシーンで活動するようになってから、営業職の人と関わる機会と言えば、大体は「保険」か「不動産」の業種になるのではないでしょうか。

特に「不動産」は、イメージのしやすい現場だと思います。

自身の部屋を借りる、買う際にお世話になる人なので、非常に頼りになりますし、親身になって部屋や家を探してくれる印象がある為、自分が営業に転職するなら「不動産営業」にチャレンジしてみたいという人が多くおられます。

実際、不動産営業は未経験者にも人気の職種ですが、その仕事内容やメリット、デメリットを知らない方も多くいるかと思います。

今回はそうしたメリット、デメリット部分についてご紹介をしていきましょう。

不動産営業の仕事内容について

不動産営業の仕事として一般的にイメージされている通り、マンションや戸建てを個人・法人に販売する、もしくは賃貸契約を結ぶというのが、その仕事の全体像です。

不動産の仲介業として、店舗で部屋や家を探している人が来訪するのを待ち、物件を提案していく仕事も不動産営業ですし、不動産販売のように自身で飛び込み営業を行いながら契約へ繋げているのも不動産営業の仕事です。

顧客の来訪を待つか、自分が訪問をするか、そのどちらの分野に携わるのかによって、仕事内容は大きく異なって来ます。違ってきます。

 

・不動産販売営業の場合

文字通り、自社やグループ会社が保有している土地・物件を個人顧客に向けて販売していく営業スタイルです。

電話やチラシのポスティング等をして、顧客にアプローチする方法が主で、現在賃貸マンションに住んでいる人に対して「賃料を払うよりも家を購入した方が、将来負担が少なくなりますよ」といった提案を行いながら、アプローチを開始します。

面談時、顧客が今住む場所や家の状況で困っている事がないのか等をヒアリングし、しっかりとニーズを掴んでいく事が重要となります。

不動産販売は高額なので、すぐに購入してもらえる訳ではありませんが、多くの人が人生に一度は自分の家を購入したい、と思っている人も多く、そんな人たちへ不動産を所有する事のメリットを伝える事は大きな仕事のやりがいだと言えます。

また、不動産販売営業は営業担当者それぞれに目標が設定されているので、結果によって収入面の上げ下げが激しい事が特徴的です。

 

・不動産仲介営業の場合

こちらは多くの人が一度は訪れた事があると思います。

不動産仲介業者が自社で保有している物件・代理店として扱っている物件を店舗に来訪した人に提案する、そのような営業スタイルです。

賃貸と販売それぞれが分かれていたり、どちらも対応したりと、企業によって形態に差はありますが、基本的には店舗に常駐し、電話の問い合わせや来訪者の接客を行って、契約に結びつけていきます。

物件の内覧に同行する事が多いので、普通自動車免許は必須です。

このスタイルの場合、各店舗に目標が定められているので、従業員がチーム一丸となって売り上げ目標に向かって業務をします。

営業職には珍しく、待ちの姿勢が強いスタイルなので、未経験者でも始めやすい業務内容だと言えるでしょう。

一方で、不動産販売仲介営業の場合は賃貸同様に代理店として業務に当たりますが、販売の場合は少々性質が異なります。

こちらは、個人もしくは企業が保有している不動産を「資産運用等の目的」で販売する仕事です。

物件を持て余している、自身で運用してもうまくいかない、といった人を見つけ出し、これを販売してクロージングまで行う、という業務の流れとなります。

不動産営業の中でも非常に難易度の高い業務スタイルだと言えます。

ただ、ここまでのレベルで仕事ができるようになれば、他の営業職でも難なく働く事ができますし、自分に自信をつける事も出来るでしょう。

このスタイルの場合は、仲介手数料が利益となり、担当者ごとに目標を設定されます。

 

不動産営業に未経験者でも転職できる?

年々、取り扱いの物件数は増えていっており、その分今までの家から引っ越したい、そろそろ自分の家が欲しい等、個人の希望も社会情勢に合わせて変化を続けています。

その為、不動産営業を行う人の需要は増えていますが、なかなか仕事で成果を残せずに辞めてしまう人も多い為、慢性的に人手不足に陥っている状況です。

こうした状況の中、未経験者でもやりたいという気持ちさえあれば、チャレンジできるような環境ですし、不動産営業の強みになる「宅地建物取引士」の資格取得も目指す事が出来ます。

こちらの資格は最初から簡単に取れるという訳ではありませんが、勤務を始めてから努力を続ければ確実に取得できるものですので、焦る必要はありません。

また、企業によっては資格取得を支援してくれるような制度がありますので、そういった制度を設けている企業に勤めると一層安心して働く事が出来るでしょう。

不動産営業の場合は、基本的に正社員として働く事ができるので、安定感のある仕事だと言えます。

 

不動産営業のメリット、デメリット

不動産営業のメリットとデメリットを理解する事は重要です。

このデメリット部分を理解していないと、入社後に困惑する事にもなりかねません。

まず、不動産営業の大きなメリットは「給与面」です。

業界別に比較すると、不動産営業の基本給は比較的高い状況にあります。

賃貸仲介の場合、そこに「インセンティブ」が存在します。

そこまで大きい報酬を期待出来るという訳ではありませんが、固定給で働くよりもずっと多くの収入を得る事が出来ると言えます。

販売営業では個人目標の達成を重ね、11件の契約を繋げれば、最終的には大きな収入に到ります。

仕事とは「金銭を得る事」ではなく「自己成長と貢献を果たす事」が、その本質となります。

とは言え、人生は金銭なしに運用できませんので、やはり給与面の安定は大切。

報酬が多ければ、大変な仕事でも辞めたいとはあまり思わないでしょうし、失敗してもまた頑張ろうという余裕が生まれます。

という訳で、「不動産営業職は自分の頑張り次第で給与面の安定化を図れる」というメリットを有する仕事だと言えます。

一方で、デメリットは「飛び込み営業」や「電話営業」等のイレギュラーな対応が多いという点です。

「業務と目標に追われる」という慌ただしい環境に対して、ストレスを覚えやすいケースが多いという状況です。

こちらは未経験者が営業職に就いた時に、最もデメリットに感じる部分となります。

自分から見識の全く無い人に積極的に話しかけ、大きな買い物をして貰う為に多角的なアプローチを行うというのは、慣れるまでに時間が掛かるものです。

「書類を整理する」「電話を受ける」等の事務仕事とは違い、自分で能動的に行動しなくては収入に繋がらないという点は、精神的な負担を大きくするデメリット部分になるでしょう。

 

まとめ:不動産営業は人気の転職先!チャレンジしても損はない

このように、不動産営業はメリット、デメリットがありますが、総じて未経験者にも営業経験者にも挑戦のしがいのある、間口の広い業種であると言えます。

「自分の力を試したい!」「新しい事にチャレンジしたい!」と思うのであれば、経験してみて損はない職種だと言えます。

自分の収入を増やしたい、新しい知識を得たい、人と接する現場に飛び込みたい、どのようなきっかけでも、転職先として不動産営業はやりがいを感じる事の出来る空間なのです。

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-,

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5