キャリア支援の質に自信があります!ぜひ、求職者の声をご確認ください!

SPACE JOBとブログ

IT営業に転職をするために求められる適正や仕事のやりがい

IT営業への転職を希望した場合、今までの営業経験は役に立つのか?未経験でも適応できるような分野なのか?――と、様々な疑問が浮かぶものです。
専門的な知識が必要になりますし、幅広い仕事を求められる世界なので、そこには特徴というものがあります。

そこで、今回はIT営業に転職する際に求められる適性や、IT営業として仕事をするやりがいなどをご紹介していくので、転職活動の参考にしてみてください。

IT営業転職の前に仕事内容を理解しよう

転職活動をする際に、希望する業界や職種の仕事内容をよく理解しておく必要があります。

IT営業というのは、IT関連の商品やサービスを顧客や取引先に拡販する仕事です。
商品やサービスは多岐にわたっていて、WEBマーケティングや広告などはもちろんのこと、ソフトウェアの開発導入なども取扱商品の1つです。

また、企業のシステム導入なども商品サービスで取り扱っていて、納品までの進捗管理や導入後のアフターフォローもIT営業の仕事だと言えます。
こうした多方面におけるきめ細やかな仕事を行うことで、取引先等からまた依頼を受けられるよう信頼関係を築くことができます。

また、IT営業は契約や受注を取り付けたら、あとはもう丸投げ状態というわけではなく、しっかりと納品ができるまでは細やかな業務管理が大事です。

このような包括的な業務が必須となりますので、IT営業に転職したいと思っている人は、マメに自身のスケジュール管理ができる方が良いと言えるでしょう。

進捗状況を確認しつつ、顧客や社内の間に立ってお互いのコミュニケーションを取り計らうのは営業担当者しか出来ないことなので、とても重要でやりがいのある仕事です。

IT営業に転職しやすい適正について

適性、というのはあらゆるビジネスシーンで重要な意味を持つ要素だと言えましょう。

特に社会人は、企業という集団の中で自身の力を発揮していかなくてはいけませんので、「自分の適性に合った企業で勤める」という選択が、どうしても必須となります。

IT営業の場合も、向いている適性というものがありますので、事前にその点をよく見定めておく必要があります。以下は、その適性の主な項目です。

・ヒアリング能力

営業職の中でも、IT営業はいかに「今お客さんが何を求めているのか」を分析・理解できていなければなりません。
何に困っていて、どういう解決策があるのかを提案し、契約につなげていくのがIT営業なので、高いヒアリング能力が必要になります。

聞き方によって、相手から聞き出せる情報は変化するので、より的確に知りたい情報を得るためには、質問のし方や話の方向性の持っていき方が大事なのです。

ヒアリング能力が高い人は、必然的に相手から好感を持ってもらいやすいので、会話が弾みます。こちらは営業に適性のある性格だと言えます。

・物事を論理的に考えられる

IT営業というのは、「この商品を売ればOK」という職種とは少し違います。

形のないものを作り上げていくことが多いので、顧客や取引先からヒアリングした内容を具現化し、自社のエンジニアに伝える必要があるのです。
その為には、物事を整理する能力やイメージを論理的に相手に伝えられるような能力が求められます。

さらに、社内調整を図った後、クライアントに「このような道筋になります」という具体的な説明をすることも重要な業務の1つなので、物事を論理的に整理し、理解できるように伝える能力が問われます。

IT営業のやりがいや難しさ

営業職は、非常に強くやりがいを感じることもできますし、その分難しさもあるという分野です。

IT営業の大きなやりがいは、自分がヒアリングした内容をもとに顧客へ提案を行い、エンジニアとの間に入って問題を解決した時だと言えます。

もともと、顧客が思っている問題点というのはすぐに理解できるものではありませんから、自身で引き出していく必要がありますし、その後も提案内容が正解なのかどうかというのは実際に提出してみなくてはわかりません。
結果的に何度もやり直さなくてはいけないこともあれば、あっさり最初の提案のままOKとなることもあります。

いずれにせよ、1回のヒアリングで全てが分かるということはあり得ませんから、一定の労力と粘り強さが必要となるのです。
エンジニアと顧客それぞれの代弁者となって、結果を残すことができるため自分の仕事の貢献度が高さを覚え、とても大きなやりがいを獲得できます。

その一方、IT営業の難しさは、契約や受注まで相当の時間を要することです。

顧客の問題が理解できたとしても、社内で解決策を検討し、提案した内容が顧客の納得がいくものとも限りません。
自身の伝え方やプレゼン能力が低いと、どうしても顧客へ内容をうまく伝えられない…ということも、業務に慣れないうちは多く発生するでしょう。

営業職は全体として、どのような業界においても結果を得られるまでには多くの時間が必要なので、成果を求めるあまりに焦って空回りし続けるような状態は回避をしたい所です。

とにかく、、コミュニケーションが大きなポイントとなる世界です。このような現場に慣れていないと、最初のうちはやりがいよりも厳しさを感じるかもしれません。

IT営業転職は難しさもあるがやりがいも大きな仕事

IT営業の適性ややりがいについてご紹介しましたが、どんな仕事でも厳しさは当然あります。

そうした困難にくじけていては転職回数だけを重ねてしまうので、自分の適性や性格、仕事観などを踏まえながら、自分の何を伸ばすべきか、どこに注力するべきかを見定めつつ、IT営業に転職するかどうかを決めましょう。

自分に合っている、合っていないは正直転職してみないとわからないことも多いですが、ある程度はこのような知識を把握しているだけでも、入社してからの齟齬は回避できます。

楽しさと厳しさの両面をわかった上で、IT営業の転職を目指しましょう。


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-SPACE JOBとブログ

© 2021 株式会社SPACE JOB(スペースジョブ) Powered by AFFINGER5