03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

24歳で転職ってどう?成功させるポイントやメリットデメリットとは

24歳で転職ってどう?成功させるポイントやメリットデメリットとは

24歳で転職ってどう?成功させるポイントやメリットデメリットとは

悩める人
転職の分岐点が「24歳」にあるって本当なの?

そうですね。働き始めてから1〜3年後に転職を検討される方が多くいます。
SPACE JOB

専門学校や大学を卒業して就職をして慣れた頃に「転職」を視野に入れるケースが多々あります。そのターニングポイントが「24歳」だそうです。

今回は「24歳を目安に転職をするべきか、するならどういうメリット・デメリットがあるか」という点についてお伝えしましょう。

 

24歳は転職に適する

24歳の転職って実は転職に適した年齢

転職に適した年齢である理由


・第二新卒のメリット
・柔軟性のメリット
・高卒就職のメリット

24歳で転職は早いのではないか、もう少し同じ場所で頑張った方が良いのではないか。そう疑問に思う方も多いと思います。もちろん個別に様々な事情がありますが、「24歳」は次のような理由から転職に適した年齢とも言われているのです。

 

第二新卒のメリット

第二新卒だからマイナスに思われにくい

「第二新卒」というのは、新卒で企業に入社してから3年未満の人のことを指します。例えば4年制の大学出身なら大体25歳〜26歳くらいが第二新卒と言えます。一般的に企業側から見れば24歳も第二新卒の枠組みになることが多いのです。

第二新卒は企業から求められている傾向があると考えられており、新卒採用で取った人材が同じように職を離れる時期でもあります。その分、人材の需要が高まるのです。

企業側は改めて新卒採用するよりも、第二新卒のように「ある程度社会人として働いた経験がある人」を採用しようと考えるため、24歳は転職に適した年齢だと言われるのです。

 

柔軟性のメリット

第二新卒だからマイナスに思われにくい

24歳というタイミングは、企業で勤めている年数はまだ少なく、若手の部類です。職業や業界の色に迎合していないことが多いので、伸び代や柔軟性が多分に残っている時期であると言えます。

「ここはどうも自分の目指す場所じゃない」と思っていても、何となく挑戦をすることに及び腰で勤続年数を伸ばしまうというケースも多いのですが、そういう場合は早めに転職を視野に入れると良いように思われます。歳を取れば取るほど、新しい分野へ挑戦する柔軟性が失われてしまうからです。

特に、異業種であれば「24歳」というタイミングの方には将来的な成長を期待してもらえます。業界に馴染んで貰える精神的な余裕、専門知識を十分に修めてくれる時間的な猶予が、まだ先に長くあると捉えられるからです。

 

高卒就職のメリット

高卒なら社会人経験も積んでいて転職しやすい

第二新卒も転職に有利に働きますが、高卒ならばより一層、「24歳」は企業にとっての「戦力採用ベストタイミング」と言えます。

高卒からずっと同じ仕事を続けている場合、高水準の社会人経験を積んでいるとみなされます。

このケースでは「24歳」という若さでも戦力としてみなされるので、企業は転職者を大いに意欲的な採用を行うはずです。

 

 

24歳の転職で意識すること

24歳の転職で意識しておくこと

24歳の転職で意識すること


・「慎重」も必要
・「未経験OK」が狙い目
・「展望」を意識

24歳での転職は、社会人としてのマナーや知識が積まれている時期なので、転職する時にも戦力として企業から期待されています。

まだまだ20代として伸び代がある時期なので、チャンスは多いと言えます。ただし、そのようなチャンスを活かす為には幾つかのポイントを押さえておくことが必要です。

 

「慎重」も必要

チャンスは広くあるけど単純に考えてはいけない

24歳の転職は、ある程度社会人経験を積み、現在いる状況に対して不満や改善点を求めているからこそ、別の企業でチャレンジをしようと思っています。年齢も若いので選択肢が多くあります。

その分、「どう比較するべきなのか」「どんなキャリアを積むことが自分のためになるのか?」を考える自己分析力に未熟な部分があるかもしれません。

若い年代はどうしても仕事の待遇面ばかりに目が行きやすいので、まずは冷静に自分自身と向き合い、「自分が本当にしたい仕事は何か」「どんな社会人になっていきたいのか」をよく考えてみましょう。

目先の待遇だけを優先して転職をしてしまいますと、結果的にまた「辞めたい」と思ってしまうかもしれません。せっかく企業から伸び代を期待される年代なので、「慎重」であることも必要なのです。

 

「未経験OK」が狙い目

未経験OKの求人が狙い目

24歳は戦力になり得るとは言え、「未経験者OK」の求人を狙った方が心地良い転職体験が出来ると思われます。一般的に、「経験者優遇」の求人は30歳手前~の方が目指す枠だと考えられています。

企業側の一般的な意識としては、「24歳=吸収力の良いタイミング」という期待があるので、そちらの柔軟性の強みを活かした方が効力があります。現在、「1つの企業で~年働いていないと転職は不利」という条件も無くなりつつありますので、果敢な挑戦が可能だと言えます。

様々な企業や業界を経験しながら、最終的な自分の道を模索したいという人は、24歳前後のタイミングで新しい道へ踏み出すと良いでしょう。

 

「展望」を意識する

転職して叶えたいことを意識する

転職は単に「今が嫌だから別の場所に行く」ということではありません。「この場所では自分の展望が叶えられない」と感じるから、別の企業に転職するのです。

この「叶えたいこと=展望」については、多用な要素が絡み合っています。待遇面を良くしたい・自分のペースで仕事をしたい・自分が目指している仕事をしたいなど、人によっていろんな「叶えたいこと」があるはずです。

どのような部分を優先するかに関しては個人差があります。正解はありません。「自分の本心がどう思っているのか」が肝心です。

 

24歳で転職するメリットデメリット

24歳で転職するメリットデメリット

24歳の転職メリットデメリット


・基礎力への信頼
・潜在力への期待
・忠誠心への懸念

24歳の転職は不利に働かない!ということはわかりましたが、実際どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

次に、そのメリット・デメリット部分をまとめます。

基礎力への信頼

社会人としての基礎ができているのはメリット

転職活動をしているときに、最も企業から見られる面は「基礎能力があるかどうか」です。

仕事に対する向き合い方や専門分野の知識などの具体的なスキルもそうですが、まずは大前提として「社会人としての基礎力=マナーや社内外で立ち振る舞い・言葉遣い」が習得できているかどうかは、非常に大きな要素です。

新卒だとあまり期待できない部分ですが、社会人経験を積んでいる「24歳」のタイミングでは、概ねそうした基礎力が備わっていると言えます。その「基礎力への信頼」は24歳のタイミングが持つメリットです。

人と接する職種の場合は、特に言葉遣いやコミュニケーション能力が重要ポイントです。適切な敬語を使えるのか、傾聴姿勢や対応におかしな点はないか、そのような項目を問われます。

こうした社会人としての基礎力は企業が転職者に注目する項目なので、その点が備わっていれば高い評価が得られます。

 

潜在力への期待

ポテンシャル採用が期待できることは大きなメリット24歳の場合、一般的にはまだ若い世代です。これが20代後半にもなると中堅の分類に入る傾向にあります。「中堅」というタイミングにある者は、伸び代に関しても慎重な目でみられることが多くなります。

ですから、企業は「24歳前後=潜在力のある者」、それ以降を「即戦力として活躍できる者」とみなします。

企業側は「我々の手でスペシャリストに育て上げよう」という「ポテンシャル採用」を行う可能性が十分にあります。成長を期待する代わりに経験は問わないと考えている企業もたくさんあります。

このように、20代前半だからこそ潜在力を武器にできることは非常に大きなメリットです。

 

忠誠心への懸念

早期退職するの?と懸念されることがデメリット

ここまで、「24歳」が転職のベストタイミングだという話をして来ました。しかし、その一方で「24歳」がデメリットになる側面もあります。企業側によっては「せっかくこの人を採用しても、また育った頃にここを離れてしまうのではないか」という疑念を持つケースがあるのです。

つまり、いわゆる「忠誠心への疑念」が生じることになります。

高卒であれば別ですが、4年制の大学を卒業してからなら、3年経つか経たないかの間に転職を希望している状況です。特別な事情や本人の明確な展望を確認できず、なぜ辞めたのか・転職したのかが不明瞭である場合、企業側は「この人に何か問題があるのではないか」と考えるかもしれません。

上述の通り、最近では「前職での経験年数」を問わない企業が増えているのでは事実ですが、それは「転職の理由」が明確である場合に限ります。「24歳」前後のタイミングで転職を希望されている方は、この点は自分自身と向き合い、しっかり把握しておく必要があります。

 

まとめ

まとめ

今回のまとめ


「24歳は転職に適する」
・第二新卒のメリット
・柔軟性のメリット
・高卒就職のメリット
「24歳の転職で意識すること」
・「慎重」も必要
・「未経験OK」が狙い目
・「展望」を意識
「24歳で転職するメリット等」
・基礎力への信頼
・潜在力への期待
・忠誠心への懸念
(最後に)人生の転機へ

今回は、24歳の転職についてご紹介しました。

まだまだ若い世代なので、転職については選択肢も広いですし、企業側から見ても経験はあるため、マイナス視点で見られることはそうありません。

大事なことは、「転職によって何を叶えたいのか」という部分です。展望を明瞭な形に仕上げておく必要があります。
24歳の転職は、人生の転機になる可能性が高いので、後になって失敗したと後悔しないように十分な準備を行いましょう。

SPACE JOBでは24歳の若い世代を含め、数千規模の転職支援の実績があります。人生の転機を最良の形で行いたい方は、ぜひともご相談を下さいませ。

 

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5