03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

営業転職お役立ち情報

転職で海外営業職になる方法!未経験でもできるの?

転職活動を行う時に、せっかくなら自分にとってもっとキャリアアップが見込めるような仕事をしたい、と思う人も多いはずです。
もともと、営業職で働いていた人も未経験だけど営業にチャレンジしたい人もいろんな考えがあると思いますが、海外営業ってどんな仕事だろう?と思うかもしれません。
「海外での営業職」は一体どのような仕事をするのか、ハードルは高いかどうかをお伝えしていくので、参考にしてみてください。

転職活動の前に。海外営業職ってなに?

そもそも、海外営業とは何か?について気になるかもしれません。
多くの場合が、海外でビジネス展開をしているような商社やメーカーでの海外支店で営業活動を行う仕事です。
営業活動は国内外関係なく、自社商品を拡販することが期待されていて、海外のお客様に対して自社の商品やサービスがいかに優れているのかを伝えていくことがメインです。

この活動の難しいところは、国内であれば地元企業として知られていたり、有名企業として知られていたとしても、海外はその国や地域の法人がいるので国内で戦うよりも厳しいことがたくさんあるという点です。
当然ながら文化やビジネスの習慣も違いも多く噴出しますので、国内同様の営業方法を行なっていても流通しないことも多いといえます。
大学卒業後、入社してすぐに海外営業になれることは少なく、今後のキャリア展望として海外営業職に就くことが可能になるというケースが一般的です。

一方で、転職の場合はちょっと違っていて、すでに営業職を経験している人であれば、各業界の海外営業を募集していることも多く、比較的需要が増えてきているといえます。グローバリズムの時代ですから、やはり国外に自分たちのサービスを宣伝出来るものを配置する意義は、企業として大きなものです。

海外営業に一度採用された場合は、ほとんど異動はないので、安定した仕事することができることは海外営業職のメリットと言えるでしょう。

海外営業への転職はハードルが高い

海外営業に転職すると、国内とは全く別世界のビジネス方法を見出さなくてはいけないので、言葉や文化の違いなどと照らし合わせると非常にハードな仕事になりがちです。
そのため、手当てや福利厚生が手厚くなり、給与にも反映していきます。
こうした高給を目当てに「海外営業に転職したい」と思っても、なかなか難しいものがあり、需要は増えてきているといえども、しっかりとした営業能力とビジネススキルは求められるので、経験者でも海外営業に転職するのは狭き門です。

海外のビシネスシーンでは交渉力やより商品の知識やマーケティング理解がかなり重要で、そのためには語学力も当然必要になります。
国内で頑張っていた人でも、海外にいくと非常に厳しい思いをすることは多いです。

こうした状況下の中、未経験者は海外営業に転職するのは夢のまた夢なのでは?と思ってしまいますが、現在は着実に「育成枠」というものが増えて来ています。最初から海外にポンと送って終わり、という事は無いのです。
年齢的に20歳代であれば、未経験者でも海外営業職で採用してもらった上で、国内で堅実な育成が施された後に海外営業のデビューに至る、という企業が今は多くあります。

もっとも、その逆のケースもあります。未経験者であっても一定期間の研修程度しか設けていない企業もありますので、「あとはとにかく現場で鍛えろ、早く戦力になれ」という投げやりな期待をされてしまい、それがストレスとなってしまうこともあります。
海外営業職は、国内の営業職と同様に人での移り変わりが激しく、ハードな海外営業職は経験を積む前に辞めてしまう人も多いので、ベテランがなかなか育ちにくい環境です。
そこで未経験の段階でこの世界に飛び込み、かつ若い人材を伸ばす期待値と環境を整えている企業と出会う事が出来れば、最終的にはとても良い環境で働けるかもしれません。

海外営業に転職する前の下準備はあるか

海外営業に転職しよう!と思った時、そのままで飛び込んでもOKなのか気になると思いますが、実際下準備は必要になります。
まず大事なことは、語学力です。専用の通訳者や秘書がピッタリと付くようなケースであれば別ですが、ある程度はこの力を持っていなければ、海外での活動はとても困難となります。

どれだけ商品知識やコミュニケーション能力があっても、それを相手に伝える語学力がなければ意味がありません。
英語の場合、最低でもTOEIC750点〜800点くらいはなければ、海外営業で頑張るのは難しいと言えます。
相手とスムーズに会話ができるのかどうか、資料やメールの内容をある程度正確に理解できるというのは、営業成績をあげる大きなポイントにもなりますから、その下準備をしっかりと整えておく必要があります。

すでに語学力に自信があるという人は、次のステップへ移行します。「タフさ」です。この「タフさ」というのは、営業経験や社会人経験として積んでおく必要があると言えます。
海外で暮らし、仕事をするということは想像以上にメンタルや体に影響を及ぼすので、タフである事は必要条件です。この点は十分に培っておきましょう。
そのほかの営業力やコミュニケーション能力は働いていくうちに身に付いていくものですし、最初から大きな成功を収めるのは非常に難しい世界です。しっかりと1つずつクリアしていくような気持ちで進めていくようにしてください。

大きなキャリアチェンジを狙うのは1つの主段としてアリ

海外営業への転職は、経験者だとしても非常にハードルが高いものにはなりますが、未経験でもできるような枠はもちろん存在しています。
学ぶ気持ちやチャレンジする気持ちがあったり、環境への柔軟性や適用性が高く、相手の文化・歴史・言語に憧れや関心があるのなら、一度海外営業に転職する方向でしっかりと頑張ってみると、そこに道が拓ける可能性は十分にあります。

ただ、あくまでも国内と海外では営業の雰囲気や方法が違いますし、相手企業へのアプローチ方法や印象もまったく異なりますので、国内外の違いについていけるような精神力は持っておくようにしましょう。

一度しかない人生なので、自分のキャリアアップのために頑張ることは、とても必要なことだと思います。

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-,

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5