03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

海外営業職への転職は未経験だと厳しい?必要なスキルや成功法を解説

 

悩める人
海外営業職って未経験だとやっぱり厳しい?

 

厳しいことは確かだけど未経験の転職成功法があるので解説します
SPACE JOB

 

海外営業職への転職は、国際化が進んでいる昨今ではとても人気があります。その反面、競争が激化して選考が狭き門となっています。

 

「海外営業って響きがなんだかカッコいい」「英語スキルも身について、グローバルな舞台で活躍できそう」という楽観的な考えでは選考を勝ち進んでいけません。

 

今回はそんな未経験の海外営業転職事情と必要なスキルや成功法を解説していきます。

 

この記事の信頼性

  • 100名近くの転職を親身に支援してきたプロが監修
  • アフィリエイトリンク・ステマは完全排除
  • サイト運営元は渋谷にオフィスを構える転職支援専門の株式会社

 

海外営業職への転職が未経験だと厳しいのは本当

未経験での海外営業職への転職はなかなか厳しいと言えます。

 

なぜなら、海外営業職の求人は高待遇になることが多いため、候補者が殺到しているのが現状です。魅力的な求人では倍率が100倍~1000倍になっていることも珍しくありません。

 

駐在案件や外資系案件は元々のベースが高い上に各種手当もあるので、ベース給与と福利厚生が手厚いのです。競争が激化している分、即戦力が求められ、経験値を要求されます。

 

未経験での転職は狭き門となっています。
SPACE JOB

 

海外営業職への転職が未経験だと厳しい理由

 

悩める人
高待遇で競争が激化しているから経験が求められるっていう以外にも、未経験だと厳しい理由はあるの?

 

あります。他の理由も見ていきましょう。
SPACE JOB

 

海外営業への転職が未経験だと厳しいのは、様々な理由があります。以下で細かく確認していきましょう。

 

海外営業では高いビジネススキルが求められるから

海外営業職への転職が未経験だと厳しい理由の1つ目は「海外営業では高いビジネススキルが求められる」からです。

 

未経験者にとっては非常に厳しい転職活動となるでしょう。

 

高いビジネススキルの具体例は、

交渉力、マーケティング力、英語でのコミュニケーション能力、多様性への理解、海外の現地社長との折衝、日系企業の役員との対応

などが挙げられます。

 

図式にすると以下のようなイメージになります。

海外での経験や語学力×国内で蓄積された営業経験=高度なビジネススキル(企業から求められるもの)

 

未経験では蓄積された営業経験がないので高度なビジネススキルを再現することが難しく、よってハイレベルなスキルを要求される海外の営業職への転職が困難になるといえます。

 

海外営業では高い熱意が求められるから

海外営業職への転職が未経験だと厳しい理由の2つ目は「海外営業では高い熱意が求められる」からです。

 

海外へ飛び立ち、困難を乗り越えられるほどの熱意が未経験者にあるのか、転職理由などを通して見られています。
SPACE JOB

 

なぜなら、海外営業の大変さは交渉事だけではなく、働く環境や時間帯の変化に対応する点にもあるからです。海外にいる顧客に合わせて、時差を推し量って連絡をする。出張をして、環境がガラッと変わってしまうという方は少なくありません。

 

厳しい環境の変化を乗り越えてでも未経験の海外営業職をしたいのか、自分の価値観とすり合わせておくためにも事前に分析しておくことは大事です。

 

海外営業では高い積極性が求められるから

海外営業職への転職が未経験だと厳しい理由の3つ目は「海外営業では高い積極性が求められるから」です。

 

日本では美徳とされる謙虚さや奥ゆかしさは、海外では消極的と見なされて、相手の都合の良いように言いくるめられてしまいます。

 

外国の交渉相手は時として、挑発的ともとれるぐらいストレートに要求をぶつけてくるのです。
SPACE JOB

 

日本的な対応は通用しません。商談や契約は「獲得する」ではなく「奪い取る」ぐらいのアグレッシブな気迫で臨むことも大切です。

 

海外営業職への転職を有利にするため未経験者が身につけるスキル

なかなか難しい海外営業職ではありますが、自分の今までのキャリアや営業スタイルが希望する海外営業職と親和性が高ければ転職成功率は上がります

 

海外営業の求人で求められている条件と自分のキャリアを見比べてみることが必要です。

 

企業は未経験者にどんなスキルを期待しているでしょうか? 網羅的に見ていきます。

 

コミュニケーション能力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル1つ目は「コミュニケーション能力」です。

 

全く価値観の異なる異文化の人と仕事を進めていく必要があるため、他者への理解と寛容性、高度なコミュニケーション能力が求められます

 

情報収集力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル2つ目は「情報収集力」です。

 

それぞれの国に特有な宗教や習慣、文化をネット等で調べて理解し、ローカルな顧客との関係性も構築していく必要があります

 

アンテナを立てて情報収集していきましょう。
SPACE JOB

営業力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル3つ目は「営業力」です。

 

営業力を生かして先方との信頼関係を構築し、ラポールを築く力が重要です。

 

タフさ

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル4つ目は「タフさ」です。

 

海外に出てホームシックになる日本人もいます。異文化圏で生活していくために、慣れるまではタフさが必要です。

 

調整力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル5つ目は「調整力」です。

 

ステイクホルダーが国内と海外になるので、どちらに対しても調整力が必要になってきます。

 

貿易の知識

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル6つ目は「貿易の知識」です。

 

海外顧客の取引では、交渉の際に貿易の条件やテレポート費についても話し合うことになるため、貿易の知識や規則の理解は必須です。

 

語学力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル7つ目は「語学力」です。

 

語学は会話をするためのツールですから、外国語は出来て当たり前という認識でいましょう。

 

TOEICに換算すると最低750点は欲しいところです。
SPACE JOB

 

キャッシュフロー管理能力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル8つ目は「キャッシュフロー管理能力」です。

1件の未回収で会社の経営が傾くという危険もあり得るため、キャッシュフロー管理はしっかりしていないといけません。

代金回収の能力

海外営業職への転職を有利にするために未経験者が身につけるべきスキル9つ目は「代金回収の能力」です。

 

海外では日本と違って未払いのまま蒸発してしまう取引先がいます。

 

日本と比べて代金回収の難易度は跳ね上がるので根気よく代金回収する粘り強さが必要です。

 

海外営業への転職時に未経験におすすめの成功法は?

続いて、海外転職を成功させるにあたって、未経験でも出来る成功法を解説していきます。

 

「グローバル志向である」「海外への留学経験がある」だけでは選考に通過するのは厳しいでしょう。

 

なぜ海外営業でなければいけないのかに重点を置いた対策が必要です。

 

留学経験で得た強みや長所を志望動機に書く

海外営業職への転職時に未経験におすすめの成功法1つ目は「留学経験で得た強みや長所を志望動機へ書く」ことです。

 

グローバル目線で見た際に、自分は一体何が出来るのか、どう貢献できるのか、どんなアウトプットが実現できるのかを明確にアピールする必要があります。海外営業を通して何を達成したいのかという目的意識もクリアであることが求められます。

 

海外営業で何を実現したいか→自分は何が出来るのか。ビジョンから逆算して現在地点を確認してみましょう。
SPACE JOB

 

「海外×営業」である理由を明確にアピールする

海外営業職への転職時に未経験におすすめの成功法2つ目は「海外×営業である理由を明確にアピールする」ことです。

 

どうして海外でないといけないのか、営業でないといけないのか、それぞれの理由を明らかにした上で、二つを掛け合わせると「海外営業で働きたい理由」が導き出されます。

 

「海外営業で働きたい」理由として整合性のとれる内容となるでしょう。

 

的確にアピールしてみてください。
SPACE JOB

 

その企業でないといけない理由を志望動機に書く

海外営業職への転職時に未経験におすすめの成功法3つ目は「その企業でないといけない理由を志望動機へ書く」ことです。

 

「この人はうちでなくても、他社でも良いのでは?」そう思われてしまえば面接官に響きません

 

なぜその企業でないといけないのか明確にする必要があります。

 

志望動機は転職理由の解決になっているか確認する

海外営業職への転職時に未経験におすすめの成功法4つ目は「志望動機は転職理由の解決になっているか確認する」ことです。

 

転職理由となった課題が、海外営業職によって解決されているのか今一度確認してみましょう。あなたを採用する理由を面接官に納得させなければならないのです。

 

ただ世界を見たい、グローバルな視点に立ちたいということなら、「別に海外営業職に就かなくても留学で良いはずだ」と思われかねません。転職したいと思った理由が、海外営業職によって解決できるのか論証しましょう

 

SPACE JOBでは、転職理由も本人のマイナスイメージを払拭するように、自然と導き出すことが可能です。
SPACE JOB

 

弊社サービス利用者の声を聞く

 

海外営業で活躍できそうなエビデンスとなる経験・スキルを棚卸しする

海外営業職への転職時に未経験におすすめの成功法5つ目は「自己PRでは海外営業で活躍できそうなエビデンスとなる経験・スキルを棚卸しする」ことです。

 

一般的な営業職アピールでは不十分ですから、グローバルな視点を持って活躍できるという主張が必要です。

 

この時、主張を補強できるような経験やスキルをピックアップしてください。自分の経験を必要に応じて棚卸ししていきましょう。

 

 

まとめ:未経験の海外営業ではミスマッチをなくして自分に合う企業へいこう

海外営業へ転職する際は、自分のスタイルに合う会社を選びましょう。

 

ミスマッチを防ぐために確認しておきたいポイントとしては、

・どんな働き方をしているのか
・どんな営業方法で事業展開しているのか

これらをしっかりと把握しておくことが大事です。

 

実情を把握する手段としては

・実際に働いている人に聞いてみる
・リンクトインやSNSなどの情報ツールで連絡を取ってみる
・信頼できる転職エージェントのキャリアコンサルタントから企業の内部事情を聞く

などの方法が挙げられます。

 

転職エージェントを活用すると、非公開求人や限定求人のオファーもあります。一般の転職サイトでは非公開求人や限定求人は見ることが出来ないので、自分にフィットすれば良い案件を優先的に紹介してもらえるでしょう。

 

特に自社限定求人は、信頼が担保されていることもあり、転職の成功率も上がります。

 

SPACE JOBでも自社専属の案件が複数ございますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。
SPACE JOB

 

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-,

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5