03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

リフォーム営業転職はおすすめ?仕事内容や魅力について

 

悩める人

僕の実家が今度リフォームすることになったんだ。その時に営業の方から納得のいく説明をして貰えたよ。その時にリフォームの営業にも興味を持ち出したんだけど、リフォーム営業ってどう思う??

リフォーム営業は比較的オススメな職種の一つですよ。これから新築を買う人は減るという傾向が指摘されていますが、古い家を改装したり、リフォームしようとする動きは増えるでしょうから、将来性のある職種と言えます。それでは今回はリフォーム営業についてじっくりと見ていきましょう。

SPACE JOB

 

営業転職をしたいなと検討した際には、「どのような職種にしようか」と悩むかもしれません。
実際、営業の仕事は様々な種類があるので、自分に合っている仕事を見つけるのは至難の業です。

ただ最初の向き不向きを決めてしまうのではなくて、経験することも大事だといえます。
営業の中でも比較的転職しやすいことで知られている不動産業界を検討する方が多いのですが、最初から具体的な仕事内容を理解している人はあまりいないように思われます。

特にリフォーム営業は一般的に仕事内容がイメージしにくい部分があります。そこで今回は、そのようなリフォーム営業の仕事内容や魅力についてお伝えしていこうと思います。

 

 

リフォーム営業の仕事とはどんなものか

 

リフォーム営業とは

基本的には「今住んでいる家をリフォームしたい人に提案する」仕事で、お客様からの声かけを待つ姿勢の働き方。

ただし、企業によって変わることも。反響営業か新規開拓営業かは、どちらか一方という場合もあれば、両方あるということもある。

※面接時に要確認。

 

リフォーム営業というのは、文字通り「今住んでいる家をリフォームしたい人に提案をする」仕事です。

通常、営業職は何か商品やサービスを販売・契約することを指しますが、リフォーム営業の場合はまずお客様の悩みを聞くことから始まります。

そのため、ほとんどの場合が展示会や店舗にてお客様から「今の家について相談があります」と反響があった上で提案をしている状況となります。
営業は飛び込み営業が普通だ、と思っている人も多いですが賃貸仲介やリフォーム営業はお客様からの声かけを待つ姿勢の働き方だといえます。
ただしもちろん、自分自身で営業回りをして戸建てに住んでいる人に声かけし、困りごとを調査して来るという仕事が必要なケースはあります。

反響営業(待つ営業)か新規開拓営業(行く営業)か、どちらか一方という場合もありますし、両方あるということもあります。
収益に直結する部分ですから、「お客様からの反響を待つだけ」では企業的に厳しいと考える場合もあるのです。
企業としていかに売り上げを伸ばしていくかが目的となりますので、当初は反響営業だけであったのに新規開拓営業が必要になることもあり得ます。

新規開拓営業は、飛び込み訪問もあれば電話のみもあり、こちらも企業によってまちまちです。
このような細かい違いや具体的な業務の方向性については、面接時に確認をしておくと良いでしょう。

 

 

転職の前に!リフォーム営業の魅力とは

 

リフォーム営業の魅力とは

・お客様1人1人と強い信頼関係で結ばれること。

・リフォームが完成した時には「あなたが担当でよかった!」とお客様から感謝されることも多く、それこそが仕事の達成感を得られる瞬間になる

 

リフォーム営業は、反響営業も多いので比較的ストレスが少なく仕事ができる営業職の1つです。
しかし、営業職に変わりは無いので苦労ももちろん存在します。
お客様の悩みを丁寧にヒアリングする能力や的確な提案力も必要なので、細やかな対応が必要です。
もちろん、そうした苦労の反面で、魅力となる部分も存在しています。

まず、大きな魅力としてはお客様1人1人と強い信頼関係で結ばれることです。

家を購入するわけではありませんが、リフォームというのはそれなりの金額が発生し、日数が必要になるものです。そこで、営業担当者は何度も面談し、お客様の「ここをどうにかしたい」という状況を聞き入れながら、リフォームの提案を行う流れとなります。

この時、会話をしなくてはお客様の要望を聞きだすことはできませんし、信頼してもらえないとお客様の不安点を教えてもらうことが難しいのです。
短期間で信頼関係を築くのは大変ですが、リフォーム営業の場合はしっかりとお客様と向き合う時間があります。ノルマや目標に追われるような営業とは異なり、お客様に寄り添って丁寧な仕事をすることが可能となります。

そして、リフォーム営業は単純に提案内容にOKしてもらえたらそこで仕事終了、というわけでは決してありません。

その後も工事の日程調整、進捗の確認、工事を進めている段階でトラブルは無いか、お客様が何か困っていないかを確認しながら慎重にリフォームを進めていく必要があります。

その間もお客様とのコミュニケーションを取り続けるため、最終的にリフォームが完成した時には「あなたが担当でよかった!」とお客様から感謝されることも多く、それこそが仕事の達成感を得られる瞬間になると言えます。

 

 

リフォーム営業は未経験でもOK

 

未経験でもOK

ある程度の建築系知識は持つべきだが、熱意があって努力ができれば未経験でも大丈夫。

 

リフォーム営業に転職するために、何か必要な資格やスキルはあるのか?と不安に感じるかもしれません。
一般的な営業職は経験の有無はそれほど重視されず、熱意があって努力ができれば大丈夫です。

これはリフォーム営業も同様です。未経験でも研修や実践で仕事を学ぶことはできるため、必要な資格やスキルというものは無いと言えます。
ただ、他の営業職とは少々異なり、リフォームの場合は物件状況の把握を確実に行うためにも「ある程度の建築系知識」を持つべきかもしれません。

このような経験や知識というのは、リフォーム営業をする場合にやりやすさも感じるので、あるだけ自分の糧になります。
「とにかくリフォーム営業の世界に飛び込んでみたい!」という挑戦を行っても良いでしょうし、建築系の勉強を行っておいて基礎的な知識を固めてから挑戦をしても良いと思います。

 

 

リフォーム営業転職は将来性が高くておすすめ

 

今回のまとめ

「リフォーム営業の仕事とはどんなものか」

基本的には「今住んでいる家をリフォームしたい人に提案する」仕事で、お客様からの声かけを待つ姿勢の働き方

ただし、企業によって変わることも。反響営業か新規開拓営業かは、どちらか一方という場合もあれば、両方あるということもある

※面接時に要確認

「転職の前に!リフォーム営業の魅力とは」

・お客様1人1人と強い信頼関係で結ばれる

・リフォームが完成した時には「あなたが担当でよかった!」とお客様から感謝されることも多く、それこそが仕事の達成感を得られる瞬間になる

「リフォーム営業は未経験でもOK」

ある程度の建築系知識は持つべきだが、熱意があって努力ができれば未経験でも大丈夫

(最後に)リフォーム営業はこれからどんどん需要が増えていく仕事だと予想され、将来性の高さを感じるおすすめの転職先

 

現在では、新たに物件を購入する人は減少傾向にあります。
物件は一度購入した後、年数が経った場合別の部件を購入する人は少なく、住み続けるためにリフォームを行って家をキレイに保つという傾向が主流です。

リフォーム営業はこれからどんどん需要が増えていく仕事だと予想され、将来性の高さを感じるおすすめの転職先だと言えます。

未経験者にも飛び込める世界で、やりがいと報酬を期待できる職種でもありますから、興味と意欲のある方は果敢に挑戦を行うと良いでしょう。

 

 

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5