03-6452-6910

営業時間 9:00~21:00(土・日休)

法人営業ってどんな仕事?転職するなら知っておくべきポイント

「営業」と聞くと個人の顧客に対して商品サービスをアプローチするイメージが強いですが、実際は「法人に対しての営業」を行う仕事もあります。

法人営業はあまり馴染みがないので、興味があってもイメージが湧かないという方へ、法人営業というものがどのような仕事なのか、知っておくべきポイントをまとめました。

以下、ぜひとも参考にしてみて下さい。

法人営業の特徴は?個人営業との違い

法人営業は、その名称の通り「企業を対象として営業するスタイル」となっています。

飛び込みや電話営業が主の個人営業とは違い、まずは営業先になりそうな企業をリストアップしてから電話営業を行います。

大手であれば、法人営業の窓口を専門にしている担当者がいますが、中小企業の場合は社長が自ら話を聞いてくれる事となります。

よって、目上の方と話が出来るよう、人としてのマナーをしっかり身に付けておく必要性があります。

また、企業によって違いますが、商談担当者はいても契約金額等によっては、部署の担当責任者や社長等決裁者が複数出てくるケースも想定されます。

この場合、それぞれの方にしっかりと説明を行い、納得をして頂いた上で、承認をもらう必要性があります。

このように、個人営業であれば、その人がO Kとすればそのまま契約は進みますが、法人営業の場合の性質が違うのです。

多くの人と関わり、期間をかけて契約に持っていくものなので、進捗管理やフォロー等が重要なポイントとなります。

個人とは違い、法人の場合は高いお金が動く事がほとんどなので、プレゼン資料や提案に対しての詳細資料を作成する事も法人営業の大きな業務内容です。

 

法人営業を主としている転職先

個人営業であれば、多種多様な業界に渡って行われていますが、法人営業は業界がある程度固定されていると言えます。

ここでは、特に法人営業が多い業界をご紹介していきましょう。

 1. IT業界

IT業界の場合、システムやツールといった商品を取り扱っており、WEB広告やマーケティング等のサービスがあります。

目に見えない商品サービスを販売していますし、個人ではあまり使わないものなので、顧客のほとんどが法人です。

「こういう商品を効率的に販売したい」「WEB販売をしたいのでサイトを作って欲しい」といった希望や目的を聞き出し、企業向けにカスタマイズを行なって提案を行います。

完全に顧客目線での仕事となるので、決まり切った商品を販売せずに、自身のヒアリング能力と提案力が試される業界です。

社内と顧客の架け橋となって、求められるものを納品する事や、納品までの進捗管理を行う事も営業担当者の大きな業務内容だと言えます。

法人営業の特徴でもある長期間に渡るアフターフォローが、IT業界の場合は特に必要となります。

 2. 人材業界

派遣会社や転職エージェントの場合は、利用者と企業を繋ぐ仕事になるので、まずは企業が自社と提携するという営業が必要となります。

新卒採用の求人広告も人材業界で行なっていますので、企業にとっては自社に合う人材を見つけやすく、利用する価値があると考えられています。

そのような企業側からのニーズに合致しやすいので、比較的法人営業をしやすい業界でもあり、それゆえに転職でチャレンジする人も多いという業種です。

登録している人へ仕事を紹介するというやりとりも発生しますが、人材が企業に入社したときに報酬が発生する為、個人営業では法人営業の色彩が強いと言えます。

 3. 広告業界

企業はポスター、SNS、新聞、WEB等で広告を行い、自社のアピールをします。

こうした宣伝業務は、基本的に自社で行う事は難しい為、専門的な広告業者に依頼するという流れになります。

広告事業を行っている企業は、そのように基本的には法人が対象となりますので、法人営業がメインの業界となります。

黙っていても、宣伝依頼がくる訳ではなく、きちんと法人に対して「広告を出しませんか」と電話やメールでアプローチし、提案をするという必要があります。

形のない商品サービスとなりますので、顧客の要望を聞き、自分で整理してトータルコーディネートの提案を行うという事になります。

非常に高度な仕事ではありますが、その分、クリエイティブでやりがいも大きいという世界です。

 

法人営業で得られるスキル

法人営業に転職する事で得られるスキルは、非常に幅広いものです。

個人営業ではないので、「企業がいかに利益を生み出せるのか」という点に注力する必要があります。

そこから提案内容を決めて、企業との信頼関係を築いていく事が、仕事の大きなポイントとなるのです。

こうした経験をする事によって、相手にわかりやすくメリットを伝える能力、論理的に物事を考える力を培う事ができます。

また、法人営業を行っていると、企業規模によっては担当者だけではなくて、専務や社長等が直々に決済に関わる事も出る為、経営陣との人脈を作る事も可能です。

人脈は、お金で買えるものではないので、経営陣に対しても臆する事なくプレゼンする事ができるスキルや目上の人に対するコミュニケーション方法等も学ぶ事ができます。

将来的に自分が営業以外で働いた時にでも役立つようなスキルを得られるという点が、法人営業の魅力だと言えます。

 

まとめ:法人営業への転職は自分のスキルをアップさせる近道

営業職はたくさんの業界や職種に分けられますが、その中でも法人営業はより幅広いスキルを磨く事が可能な現場だと言えるでしょう。

営業経験者でも「個人営業の経験者か」「法人営業の経験者か」によって、相手の評価も変わってきます。

自分のキャリアプランに合わせて、法人営業という点に焦点を絞ると、効果的に自分の求めるスキルを向上させる事が出来るかもしれません。

\ 履歴書・経歴書なしOK! /

求職者から評価が高い
キャリア相談を受ける


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-営業転職お役立ち情報
-

© 2021 株式会社SPACE JOB Powered by AFFINGER5