キャリア支援の質に自信があります!ぜひ、求職者の声をご確認ください!

SPACE JOBとブログ

保険営業に転職したい!仕事の特徴とは

営業職に就いてみたいと思う人がもっともイメージしやすいのは、保険営業だと思います。求人の幅もとても広い業界です。

自分でも保険に加入しているのであれば、保険営業を受けた事があるでしょうし、そちらで成功されている方も多くいらっしゃるので、「保険営業は多くの人が稼げる世界なのではないか?」と感じる方もいるかもしれません。

イメージや印象だけでは、どうしても仕事というのは齟齬が生じてしまうものです。保険営業に転職したい人は、まず仕事の特徴について理解を深めておきましょう。

保険営業に転職したいけど…正直大変?

一般的な保険営業のイメージといえば、企業に飛び込みで保険商品の説明をしたり、個人宅を歩き回って営業をしたりする、というものかもしれません。

確かに、企業に定期的に訪問したり、街頭や店舗でアンケートを貰ったりして、その結果をもとに保険商品の提案をするなど積極的な活動が必要な現場だと言えます。

それらも保険営業の特徴ですが、実は、その他にも保険営業ならではの特徴があります。
その特徴において大きく目立つ部分は、「収入面」だと言えます。

営業職、というのはどのような業界でもインセンティブが大きな割合を占めていて、基本給が最低限に抑えられているという事がほとんどです。
営業成績によって収入に差が出てしまう為、不安定な要素が多く含まれる仕事だと言う事が出来ます。

特に保険営業は、研修中の数ヶ月は安定した金額の収入がありますが、実際に保険営業として勤務をスタートさせてからの基本給は「数万円程度」というケースも少なくありません。その上で、インセンティブが加算されるという方式を採用しています。

成果を出せば、驚くべき収入を叩き出せる世界ではあります。しかし逆に、成果を出し続けなければ、収入は安定しないという世界でもあります。

そして、保険営業には定期的に「職員(職階)査定」というものがあり、その基準を満たさないと仕事を失うリスクすらあります。

そうした強いプレッシャーの中で仕事をする為に、得手不得手というものが生じる分野です。仕事が軌道に乗せる事が出来る方は収入も安定し、最終的には代理店として個人経営も可能となります。

保険営業の仕事の特徴を知る事が転職の近道

保険営業、と一言で言っても仕事内容は多種多様です。

まず、「生命保険」と「損害保険」という、大きな2つの保険タイプに着目する必要があります。
この2つのタイプをどちらも取り扱っている企業の場合は、双方の商品について詳しく理解をしておかなければなりません。
また、このタイプは更に商品によって細分化されますので、多岐に渡って覚えなければならない事が出て来るかと思います。
ただ、全ての保険商品を最初から網羅するよりも、自分がターゲットとする客層に向けて推奨出来る保険商品というものが必ずありますので、まずはその商品を覚え始める事に集中する事が肝心です。

また、保険営業の場合、「個人」と「法人」の区分がなされる事が多いかと思います。個人営業の場合は、主に「社員から引き継ぎを受けるなどして、既存顧客の保険内容を見直しつつ、新しい契約に誘導する方法」と「企業まわりをして従業員個人に対して保険提案をする方法」とがあります。

法人営業の場合は、企業や団体相手に営業活動をしますので、団体保険や年金保険などをお勧めする方法がメインです。
どちらの場合も、きちんと最初のうちは先輩社員が付き添って営業回りをしてくれますが、数ヶ月〜半年で1人立ちをする事となります。

個人営業であれば、1人の人間の人生に寄り添うという貴重な経験を得られます。
最初に顧客が保険契約してからだいぶ期間が経っていると、顧客側の生活環境も一変をしているはずです。

そのような時に、変化した生活環境に合わせながら保険内容の見直しを提案し、「新しい安心」を提供する事が出来れば、個人営業者としてプロの領域に達したと考える事が出来るでしょう。

最初のうちは「何しに来たの」とあしらわれる事も少なくない仕事ですが、顧客との信頼関係を築ければ、次第に「相談がある」「話をしようと思っていた」等、頼りにして頂ける事もあります。
1人1人の話をしっかりと聞き取り、相談に乗る事で、適切な保険の提供と契約を実現させる事が出来ます。

逆に、ただ商品を押し売りしようとするだけで、相手の立場になって物事を考えられないという保険営業者は信頼関係を築けません。
「この人は信用できない」と思われてしまうと、仕事がうまくいかなくなってしまうでしょう。

法人営業の場合、企業相手なので話を聞いてもらいやすい環境ではありますが、相手が休憩中などに来訪して話しかける作業となりますので、そこにお互いが抵抗感を覚えるケースが少なくありません。
お互いのペース配分が合致するまでに時間や慣れが必要かもしれませんが、1つの契約を取れば大きな収入になりやすいのは法人営業の強みだとも言えます。

保険営業は未経験でも可能

仕事、というのはどんな業界でも向き不向きはありますし、簡単にできる仕事はそうそうありません。
しかし、チャレンジしたいと思うのであればどのような仕事でも試してみる価値があります。

保険営業の場合は、生命保険でも損害保険でも保険という分野に特化した職種なので、未経験者はダメなのではないか、と思う方も多いかもしれませんが、そういう訳でもありません。
「座学で勉強して資格取得後に営業活動をする」という流れとなりますので、入社していきなり「さあ営業してください」という展開にはなりません。

そうして、一定の知識と生命保険募集人資格を積み重ねた上で保険業務に従ずる事となりますので、未経験からでも挑戦の価値がある世界となります。

未経験だから自分には無理だと自信がない方でも、上記のように準備を重ねて保険営業を本格的に始動しますので、未経験転職は可能なのです。

まとめ:保険営業への転職は窓口が広い

今回は保険営業への転職についてご紹介しました。

数多くある営業職の中でも、保険営業は未経験者でも比較的チャレンジしやすい業種で転職がしやすいと言えます。
ただ、保険営業特有の厳しさや収入面での不安定間に最初のうちは悩まされるかもしれません。

自分の頑張りが給与に反映される仕事ではあるので、最初の苦労を乗り越える努力と精神力を培う必要があります。

単純に座っているだけで仕事がうまくいくわけではない為、自分の仕事に対する意識も高くなりますし、寄り添いの概念が生まれて成果が出れば、大きなやりがいを感じられる仕事だと言えましょう。


スペースジョブ

画像タップでお電話頂けます。
※不在の場合は、留守番電話を入れて頂けますと、必ず折り返し致します。電話番号は、おかけ間違いのないようご注意ください。

-SPACE JOBとブログ

© 2021 株式会社SPACE JOB(スペースジョブ) Powered by AFFINGER5